外構工事で失敗しない為に (2) メーター機の位置に注意

スポンサーリンク

こんにちは。奈良のにしはら造園の西原智です。

もしあなたがガレージを広げる工事をされた時に気を付けたいポイントがあります。 それは何かと言うと、立水栓の位置とメーター機の位置です。 特にメーター機は、ガレージの床に配置されます。

そこで何故このメーター機に気を付けないといけないかと言うと、 理由は水道局の人が2か月に1回ほど検針にくるからです。 水道局の人が、メーター機を見に来た時に、車をどかさないといけない位置にあると、 とても手間がかかります。 あなたが、忙しく家の中で用事をしている時に、メーターを見せるためだけに、 車をどかさないといけません。

そうならない為にも、メーター機の位置が、車をどかさなくてもちゃんと見れる位置にあるか? これが重要になってきます。 これは、ガスメーターや電気のメーターでも同じ事が言えます。 外構・造園工事をするときは、気を付けたいポイントの一つです。

奈良のにしはら造園
西原智

スポンサーリンク

関連記事

 

ABOUTこの記事をかいた人

西原造園の代表で職人歴10年の現役の造園・庭・外構の職人。施工実績300件以上。施主様の生活背景や状況を理解し外構・造園・エクステリアプランを作成するのが得意。父は一級造園技能士、母は一級造園施工管理技士。仕える事と書いた仕事ではなく、志す事と書いた「志事」をするがモットー。