失敗しない雑草対策。引いても引いてもきりがないワケとは?

atusiこんにちは。奈良の外構・造園・エクステリアのリフォーム専門店 にしはら造園の、
宮原圧志です。

 前回、雑草があれだけしぶとく生えて来るには理由が3つある。
とお伝えしました。

 今回は、その三つの理由の1つ目の、
「1株から5万粒の種がまかれる」という事についてです。

 

スポンサーリンク

雑草は1株から5万粒の種がまかれる

あなたも、草引きをした経験がおありなら、「なんでこんなに引いても引いても雑草が生えてくるのか?」と
疑問に思われたことがあることでしょう。

雑草

実は、雑草は1株から二千粒以下~五万粒以上種をまき散らします。
種類によっては、50万粒というものもあるそうです。
さらにその八〇%が発芽します。
つまり五万×八〇%=四万粒が発芽するというわけです。

どおりで雑草対策をしてもなかなかしぶといわけですね。

 「残りの1万粒はどこへいったの?」と思われるかもしれませんね?
実は、雑草の種には、休眠期間というものがあるのです。

まき散らされた雑草の種は、時期がくるまでじっと土の中で眠っているのです。そして発芽に適した状態になれば一気に発芽するのです。

上記のことから、雑草は種を無数に落とすため、何度も草引きの手間がかかってしまうということです。

どおりで、引いても引いても生えてくるわけですね。1株から5万粒。4万粒が発芽。。。という事は、来年は4万粒の雑草が5万粒の種をまく…数えれば数えるほど天文学的数字になってきますね(^_^.)

ですが、ご安心下さい。生育環境によって、生えて来る量も違ってくるので、全部が全部発芽するとは限りません。

 また、雑草によっても、その種をまく量が違ってきます。とはいえ、撒く量が少ない雑草でも2000粒ですが(^_^.)

 こんなにいっぱい撒かれたら、僕達人間は腕2本では、太刀打ちできないわけってわけです(>_<)

次回は、理由2の「除草効果を高める前に知っておきたい、雑草が発芽する理由。」をお送りします。
楽しみに、ご覧ください。 

奈良のにしはら造園

宮原 圧志

PS ちゃんと対策もお伝えしていきますので、ご安心して下さいネ!(^^)!

おもな参考情報

シジェンタタジャパン 「病害虫、雑草防除ガイド 雑草の話」
玄米アミノ酸農法  「雑草の対策がわかれば 仕事の半分は楽になる!」 

スポンサーリンク