エクステリアって要するに何?

以前外構とは何か?についてお伝えしました。

今回は、エクステリアとは何か?についてお伝えしたいと思います。

エクステリアって結局何?

エクステリアというのを調べてみると、

ウィキペディアによると

外構をエクステリア(Exterior)と呼ぶ場合もあるが、エクステリアの場合は建築を取り巻く構造物という意味より、建物を取り巻く空間、あるいは環境と位置づけされ、そこにはインテリアのように装飾性、機能性、娯楽性が大きく含まれる。

とあります。

わかるような分からないような…そんなかんじですね。

実は、プロでもエクステリアと外構の境目が何か?とか、
結局エクステリアというのはこういう事だ!
と言い切れないのが現実です。
理由は、やる事は同じなので、外構とエクステリアという名目をわける必要もないからですね。

スポンサーリンク

プロから見たエクステリアと外構の違い

ですが、プロの間ではエクステリアというとこれ。
外構はこれと言う通念が一応あります。

それは何かというと、
外構は構造物、
エクステリアは金物類
というイメージです。

こういうと、学術的にはエクステリアはそういう意味ではない。
という思われる方もおられるかもしれませんが、
学術的意味よりも、職人さんや業者間で使う共通認識の言葉としてとらえると、
エクステリア=金物類と言う方が、仕事がスムーズにはかどるわけです。
ちなみに、金物類というのは、カーポートやフェンスとか門扉、サンルームなどの事です。
そういう意味で、エクステリアという言葉を我々は利用しているわけです。

エクステリアの意味はコミュニケ―ショーンによって使い分けるのがベスト

一般のお客さんの認識では、「素敵なアプローチ」とか「エレガントなお庭」のような認識かもしれませんね。

どちらが正しいとか決めようとするよりは、お話する相手によってエクステリアという言葉の認識を合わせる方がコミュニケーションが取れるのではと私は考えています。

そもそも言葉というのはコミュニケーションツールなわけですから、お話する相手とコミュニケーションがスムーズに取れるように使い分けた方がよいのではないかと思っています。

おススメ記事

奈良県のにしはら造園の毎月5名限定の無料相談

奈良県のにしはら造園の
毎月5名限定の無料相談

この無料相談のメリットは,,,

にしはら造園独自の「カウンセリング」があるので、お悩み解決の糸口が見つかる

3D CADを使って無料で完成予想図を絵にしてもらえる

3種類のプランをご提案するので、予算に合わせやすい

家族経営なので、会社組織と違って融通が利きやすい

もちろんお見積もりも無料

無料相談は毎月5名限定 見積もり無料

今月はあと2名

受付時間 年中無休 TEL:9:00~20:00 メール:24時間

【折り返しのお電話は携帯電話から】おかけ致しますのでご了承ください。

無料相談 受付・対応可能エリア
奈良県:北・中部
京都府:精華町、木津川市
その他の都道府県(大阪府など)は、無料相談の受付・対応の対象外となっていますのでご了承ください。

※建築・不動産関係の業者様へ。
大変恐縮ですが、建築・不動産業者様からの、下請け・ご紹介等はお受けしておりませんので、他社様にご連絡頂くようお願いします。

スポンサーリンク