外構のコンクリートブロックの失敗しない選び方

こんにちは。奈良の外構専門店のにしはら造園の西原智です。

DIYで外構のコンクリートのブロックを使おうと思った時や、外構工事をしようと思った時にどんなふうに外構のコンクリートブロックを選べばよいか分からないという方もおられると思います。

今回はそんな方のために、外構のコンクリートブロックの選び方をお伝えさせて頂きます。

外構のコンクリートブロックの失敗しない選び方
目的は大きくわけて2パターン

まず最初に外構のコンクリートブロックを使う目的はなんでしょうか?

多くの場合、コンクリートのブロックを使う場合、使用用途は2パターンです。

1つは塀を作る。もう1つは土留に使用する。この2つかと思います。

このどちらかを作る為に使用される事かと思います。では、どのような基準で外構のコンクリートのブロックを選べばよいのか?解説させて頂きます。

外構のコンクリートブロックの失敗しない選び方
サイズを知る

また、コンクリートブロックには、大きく分けて、厚みが、10㎝、12㎝、15㎝の3種類があります。
(19㎝などもありますが、まず一般家庭で使う事はないのでここでは省略します)

まず最初にする事はこの厚みを決める事です。それぞれの使いわけ方としては、次を参考にしてください。

10㎝:土圧がさほどかからない、花壇などの土留。
12㎝:塀
15㎝:土圧のかかる、高さのある土留や、家の周囲の土留
と簡易的に言うとこのようにう分ける事ができます。

土圧が掛かかりそうであればあるほど、厚みのあるコンクリートブロックを使用すると考えてよいでしょう。

塀を作る場合は、12㎝以上を使う事がお勧めです。というのも、外構のコンクリートブロックは、非常に柔らかくトンカチでたたけばすぐに壊れてしまう材料です。なので、あまり薄いコンクリートブロックを使ってしまうと、すぐに壊れてしまいます。

また、1m以上になってくると10㎝だと倒れてくる危険性もあります。使えない事もないですが、やはりある程度厚みがあるものの方が安全です。なので念には念を入れて、塀を作る場合は厚みのあるものを使用しましょう。

外構のコンクリートブロックの失敗しない選び方
鉄筋で強化する

そして一番大事なのが、鉄筋です。これがあるのとないのとでは雲泥の差があります。正直、鉄筋で塀は支えられていると言っても過言ではありません。

というのは、コンクリートの性質上、引っ張れる力に弱いという性質を持っています。また、衝撃を与えるとすぐにかけたり壊れたりするわけです。何もいれずにただ積むだけだと、硬い物で叩くとすぐに壊れてしまいます。

そこで登場するのが鉄筋です。鉄筋を入れる事で、コンクリートの特性である引っ張るの弱さを補強してくれます。つまり、コンクリートブロックだけではすぐに壊れてしまうという事です。

また、外構の鉄筋の入れ方にも、縦筋と横筋の2つがあります。縦筋は、ブロックに対して縦、つまり空(上)に向かって配置するもの。横筋は、ブロックに対して横、つまり水平に配置するもの。

この2パターンで配置する事で壊れやすかった外構のコンクリートブロックの塀がしっかり壊れにくく、倒れにくくなります。

1段だけしか積まない場合の鉄筋の配置の優先順位は、横金よりも縦筋を重視しましょう。

良く見かける失敗で、縦筋を入れずに横金だけいれているパターンです。これは2段以上になってくると、鉄筋を配置していない目地を境にガタっと折れてしまいます。

台風や地震でバタンとコンクリートブロックの塀が倒れているのは大体において、縦筋が上手に配置されていない事が多いです。

外構のコンクリートブロックの失敗しない選び方
まとめ

コンクリートブロックを使う時は、1段以上積む時は基本的に12㎝以上の物を使う方が良いです。15㎝のコンクリートブロックは、家の外周の土留などでりようすると考えていいでしょう。

10㎝のコンクリートブロックは花壇の土留、というより土がこぼれないようにするために使うと考えていいでしょう。

そして、崩れないように鉄筋を入れるのを忘れずに。基本は縦筋を中心に入れていきましょう。

縦筋の配置の間隔は、コンクリートブロック2枚につき1本のペースで配置します。横筋の配置は、2段に1本のペースで配置していきます。

すると、頑丈なコンクリートブロックの塀がつくれます。

あ、ブロックとブロックの間にセメント(モルタルとかコンクリート)を入れる事を忘れずに。

ー奈良県のにしはら造園 西原智

奈良県在住の方限定
にしはら造園の
毎月5名限定の無料相談

この無料相談のメリットは,,,

にしはら造園独自の「カウンセリング」があるので、お悩み解決の糸口が見つかる

3D CADを使って完成予想図を絵にしてもらえる

3種類のプランをご提案するので、予算に合わせやすい

家族経営なので、会社組織と違って融通が利きやすい

もちろんお見積もりも無料

無料相談は毎月5名限定 見積もり無料

今月はあと2名

受付時間 年中無休 TEL:9:00~18:00 メール:24時間

※建築・不動産関係の業者様へ。 大変恐縮ですが、建築・不動産業者様からの、下請け・ご紹介等はお受けしておりませんので、他社様にご連絡頂くようお願いします。

下のTEL番号を押すと電話がつながります↓↓ Call:0743-53-8986
【折り返しのお電話は携帯電話から】おかけ致しますのでご了承ください。

奈良県在住の方限定
メールでのお問合せはこちら

メール:受付時間 年中無休 24時間

無料相談 受付・対応可能エリア
奈良県:北・中部
京都府:精華町、木津川市
その他の都道府県(大阪府など)は、無料相談の受付・対応の対象外となっていますのでご了承ください。

この無料相談はメールお電話上のみでご相談に回答するものではございません。現地調査からお見積もりまで行うものですのでご了承ください。

    ■お名前(必須)(入力例)山田太郎

    ■郵便番号(必須)(入力例)6391058

    ■都道府県 (必須) 

    ■市区郡 町名 番地(必須)
    (入力例)大和郡山市矢田町5425-2

    ■電話番号(携帯電話)(必須)
    (入力例)09012345678
    ※ご入力頂いたお電話番号に、現地調査の日程等でご連絡を致します。ご連絡の取れる電話番号をご記入下さい。

    ■メールアドレス (必須)
    (入力例)123aiueo@gmail.cpm

    ■現在他社でもお見積もりを取られていますか?(必須)

    ■ご相談内容: 今抱えているお悩み・問題 等できるだけ詳しくご記入下さい。また、折り返しのご連絡の際にご都合のよいご連絡方法・お時間等がございましたら合わせてご記載下さい。

     個人情報保護方針

    1.利用目的
    ①お客様よりお預かりした個人情報は弊社内部のみにおいて(5における例外を除きます)以下の目的で、利用させていただきます。

    (イ) お客様の依頼に基づく職務遂行のため

    (ロ) お客様と連絡を取るため

    (ハ) 弊社のサービス内容・資料をお知らせ、またはお送りするため

    (ニ) サービスを向上させる目的で事例分析・マーケティングを行うため

    ②上記以外の目的で個人情報を利用する必要があったときには、その都度、事前に同意をいただきます。同意がいただけないときは、当該個人情報は利用いたしません。

    2.個人情報収集

    依頼・相談・資料請求等のためお客様より個人情報をお預かりする場合には、目的の範囲内において必要最小限度のご提供をお願いいたしております。

    3.個人情報不開示

    ①お客様よりお預かりした個人情報は、個人情報保護法23条に定める以下の場合を除き第三者に開示いたしません。

    (イ) 法令に基づく場合

    (ロ) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合で、本人の同意を得ることが困難であるとき

    (ハ) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

    (ニ) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

    (ホ) あらかじめ本人の同意を得た場合

    4.個人情報の取扱に関するお問い合わせ受付窓口

     

    奈良県大和郡山市矢田町5425

    にしはら造園代表 西原 武

    TEL 0743-53-8986 (受付は9:00~20:00まで 休み:毎週日曜日)
    お客様窓口メールアドレス: nishiharazoen@gmail.com

     

    【必須】上記に同意して申し込む→

     

    ABOUTこの記事をかいた人

    西原造園の代表で職人歴10年の現役の造園・庭・外構の職人。施工実績300件以上。施主様の生活背景や状況を理解し外構・造園・エクステリアプランを作成するのが得意。父は一級造園技能士、母は一級造園施工管理技士。仕える事と書いた仕事ではなく、志す事と書いた「志事」をするがモットー。