トイレで必要な寸法はどれくらい?【坪数別】メリットデメリット

トイレの寸法

マイホームを建てるとき、トイレの必要な寸法はどれくらいがよいか迷いますよね。

毎日使用するからこそ、快適な空間にしたい気持ちが強いと思います。

たとえば、設計の段階では十分なスペースを確保したつもりが、いざ生活しだすと思いのほか狭く感じてしまうことがあります。

また、トイレを階段下などに作ってしまい、天井が低くなることから心理的に狭く感じてしまうこともあります。

そこで今回は、標準的なトイレの必要寸法についてお伝えします。また寸法の違いで現れる、それぞれの特徴やメリットデメリットも合わせてお伝えします。

スポンサーリンク

トイレに必要な寸法とは?

トイレに必要な寸法があるのはご存知ですか?

一般的にはマンションに多い0.4坪、一戸建てに多い0.5坪、また広めな住宅に多い0.75坪があります。また、一戸建ての二階や階段下のトイレには0.4坪が多くみられますね。

ここからは、トイレに必要な寸法について、それぞれの特徴やメリットデメリットを紹介していきます。ひとつひとつ見ていきましょう。

分譲マンションなどに多い、0.4坪のトイレ

こちらは、分譲マンションなどに採用されることが多い寸法のトイレです。

小さなお子さんがいる家族やお年寄りの方も住むことを前提として、居室である生活するスペースを優先しているためどうして狭くなってしまいます。

そのため、手洗いカウンターなどは設置しにくく、代わりに手すりがついていることが多くあります。また、目線より高い位置に収納スペースを作ることにより、足元のスペースを広く取るようにしています。

しかし、窓がないことやあっても小さいため、風の通り抜けが悪く便器の周辺に黒カビが発生しやすいことがあります。

さらに、幅や奥行きがないなかで、タンクがあるトイレ本体を採用しているため、図面の寸法より狭く感じてしまいます。

それに対して、お年寄りの方や体の不自由な方への気配りがきいている面があります。

たとえば、通常のウォシュレット本体の操作は、たいてい右側で行います。
ところが、よく見てみると左側にもリモコンが付いていることがわかります。

これは、体が不自由な方や視力が悪い方、お年寄りの方が使いやすいように配慮されています。そういう方にとっては、少し体をひねってボタン操作するのも大変な作業になります。

それゆえ、体をひねらなくても簡単に操作できるように左側にも設置しています。また、腰痛持ちの方にとっても、腰への負担が少なくとても助かります。

このように、マンションにはお年寄りの方や体の不自由な方も多く住まわれるため、狭さは感じますが体への負担が少なくなるような配慮がされています。

とくに、手すりに手が届きやすいことや、座りながらもドアへ手が届く距離は体への不安を抱える方にとっては安心感につながります。

ただし、介護人が付き添えないことや、車椅子では横幅が厳しいため注意が必要になります。

一戸建てに多い、0.5坪のトイレ

こちらは、一戸建てでよく見かける1帖タイプですが、奥行きがあり小型の手洗いを設置しても余裕があるためよく選ばれています。

また、奥行きの長さがあることを利用して、トイレ本体をタンクレスにして後ろに収納カウンターを設置される方もいます。

さらに縦に長いことで、トイレ本体と扉までの距離があるため圧迫感を感じることがありません。そのため、奥行きのメリットをいかした、レイアウトされることをおすすめします。

反面、奥行きのわりに幅が狭いことから、通常の手洗いカウンターを横に設置することは厳しく、車椅子の方も介助人の付き添いをしてもらうことが難しい面があります。

そのため、将来の介護を考えたとき、バリアフリーにするなら扉を引き戸にするか内開きにする工夫が必要になります。

この1帖タイプのトイレは、それなりに開放感があることで選ばれますが、収納棚やカウンターの設置場所が難しく悩まれる方も多くいます。

しかし、安易に吊り戸棚を設置してしまうと、天井高が低くなってしまうため圧迫感を感じるようになります。

このように、広すぎず狭すぎずのちょうど良い広さではありますが、レイアウトによってはさらに狭く感じるようになるため注意が必要です。

最後に、レイアウトを考えるときのアドバイスですが、手洗いは壁の埋め込みタイプにして下側を収納にすることで妥協することなく幅も維持できます。

広めな住宅に多い、0.75坪のトイレ

最近では、さらに広いスペースのトイレも見かけますが、ゆったりとした空間が最大の特徴です。とくに、手洗いカウンターを独立して設置しても余裕があるため、レイアウトを考えるとき選択肢の幅も広くあります。

たとえば、カウンター式にしたときの花や置物での演出も楽しみの一つになりますね。

さらに横幅の広さもあるため、車椅子の方でも手すりを使うことで難なく移動することができます。

そのため、バリアフリーに向いていて、介護者も付き添うことができるので将来を見据えた広さだといえます。

そう考えると、扉も上吊りタイプの引き戸を選ぶことで出入りもしやすくなるので、老後への安心感はさらに増します。

反面、感覚的にはゆったりとした広さですが、面積的にも居室を圧迫する可能性があります。

さらに、このタイプの広さはバリアフリーに向いているため、引き戸を選択されますが地震により引き戸が外れてしまい通り抜けが困難になるケースもあるので対策が必要になります。

このように、幅と奥行きに余裕があるため、設置できる手洗いカウンターも種類が多く、また介護をしやすいことからも安心感と開放感を両立したトイレの広さになります。

ここまで、標準的な寸法のトイレを紹介してきました。それぞれ、その広さにあった特徴があるため、迷ったときは一つの目安になると思います。

トイレとは、居室と違い使用目的がハッキリしているため、必要に適した広さがあります。こだわることで、ゆったりとした空間にできますが、全体をみて他の部屋を圧迫しないように選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

ポピュラーなトイレの幅と奥行きの寸法とは?

ここまで、坪単位でお伝えしてきましたが、最もポピュラーな一般的なトイレの広さとはどのくらいなのでしょう。

個人差はありますが、910mm(幅)×1365mm(奥行き)程度です。

ただし、トイレの寸法を考える場合、一人ひとりの身体状況も異なるので目安となる寸法も変わってくるように思います。

たとえば、福祉の目線から見た場合は、下記で紹介するような寸法があると楽に使用できます。

(立ち座りをゆったり行いたい場合)
• 910mm(幅)×1515mm(奥行き)
奥行きを長めに取って、足元に余裕を持たせるようにします。また、扉までの距離ができるため、お年寄りの方でも移動しやすくなります。

(介助のスペースを確保したい場合)
• 1515mm(幅)×1515mm(奥行き)
介助人の付き添いが必要でも余裕があります。また、車椅子の方などへ配慮した寸法です。

こちらは、図面でよく見る寸法「壁芯―芯」になりますが、一つの目安と考えてください。

あとは、便器の配置にもよりますが、トイレットペーパーホルダーや手すりなどの付帯物に手が届きやすいかどうかでも感じ方は違ってきます。

そのため、安易に便器を中央に配置することも注意する点だと思います。

このように、将来の介護を含めた家族構成の変化や、生活スタイルの変化も考えて計画することが大切になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回、トイレの寸法についてお話しました。

新築やリフォームする方でトイレの寸法について知りたい方は、まずはそれぞれの寸法の特徴やメリットデメリットを理解しましょう。

そして次に、一般的なトイレの幅と奥行きの寸法を知る事が大切です。また、寸法に加え備え付けのものへ気を配ることで、より快適な空間にすることもできます。

そうする事で、設計の段階でも迷わずに、自宅に合ったトイレの寸法を決めることができます。

トイレの寸法を知りたい方は、是非試してみて下さいね。今回の記事を参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク