スタッフ紹介 SP

(故) 西原 一成  
にしはら造園創業者 偉大な父

 (ここでは、父に敬意を払いたく、公開させて頂いています。)

にしはら造園の創業者で、一級造園技能士。 この道の職人として30年、奈良県で2000件以上を超える工事をし、数多くの施主様の悩みを解決してきました。

そんな父ですが、2010年の3月に大腸癌のため他界しました。 父の人生は、僕達息子を育て上げるための人生だったといっても過言ではないくらい、家族のため、生活のために尽力してくれました。幸いな事に、兄弟全員が父と共に現場で汗を流し、その背中をみて、仕事を覚える事ができました。

自由にやりたい事をさせてくれ、ワガママも許してくれ、帰る場所を作ってくれました。 今は故人となった父に感謝!その技術は永久に息子に受け継がれています。

西原 武 代表取締役社長 (長男)

はじめまして。にしはら造園の現社長の西原武と申します。

私は造園業者として、15年間、奈良県でエクステリア・外構・造園工事に関わってきました。創業者である父の代からでいうと、35年間、造園業を続けています。

私は、父の背中を見続けて10年間、父からそのエクステリア・造園技術を学びました。いまでは弟達と共に、毎日志事に精をだしています。そんな私ですが、誰にも負けないのが、細部にまでこだわる事です。

たまに応援に来てもらう職人さんがいるのですが、僕の施工基準に合わせてもらおうとすると、あまりにも細かいためか、「も~勘弁してくれ(>_<)(笑)」と言われます。

でも、細部にこそ神は宿るとはよく言ったもので、微妙な手加減で仕上がりや、どれだけ長持ちするかが変わってきます。「これぐらいまーいいだろう」といのはタブーです。それは職人としての誇りを放棄したも同然です。

私自身亡き父の側で、その背中をずっと見続け日々成長してきました。今度は私が弟達にこの背中を見せる番だと思います。

―にしはら造園 現社長 西原 武

西原 美鈴 (母) 副社長
一級造園施工管理技士

 

一級造園施工管理技士であるとともに、飛鳥村にある石舞台古墳周辺の設計にたずさわり、2007年6月には奈良新聞の東奔西走にも掲載されるなど、メディアにもとりあげられました。

「にしはら造園では今まで個人事業で、主人と共に、幸せも苦難も乗り超えてきました。今度は、より多くの方々と幸せを分かち合えたらと思います。」

―にしはら造園 副社長 西原 美鈴

西原智(次男)現場職人 専務取締役

初めまして、こんにちは。 にしはら造園の専務取締役の西原智です。趣味は、スノーボードです。

スノーボードはかれこれ16歳ぐらいから初めて、高校を卒業して19歳ごろから、冬はスキー場でアルバイトをしながらスノーボードの技術を高めていました。おかげさまで、バス1台分ぐらいのジャンプ台は飛べるようになりました。今はもう無理です(笑)

私は、父が残したこの造園業で、兄弟で共に働くことで、日々成長する楽しさを見出すことができ、多くのお客様から、心のこもった「ありがとう」で幸福を頂いています。

志事の志という字には、「相手を思う気持ち」という意味があります。

これから出会う方のために、ちょっとでも力になれたらと、日々志事に励みたいと思います。

 ―にしはら造園 専務取締役 西原 智

西原輝(三男)現場職人&お客様担当
日本園芸協会認定 ガーデンコーディネーター

にしはら造園の日本園芸協会認定ガーデンコーディネーターの西原輝と言います。

昔から自然が好きで、どちらかと言うと、外でボールを蹴ったり追いかけている方が多い子でした。そのせいか今でも色黒です。趣味は釣りです。 今では休みになる度に、奥さんと一緒に琵琶湖に行きます。

にしはら造園では、直接お客様から、面と向かって、僕達という人間そのものに、心のこもった「ありがとう」と言って頂ける事に、やりがいを感じています。

そして、打ち合わせの時にお客さんから頂いたご要望を、直接現場に反映できるのは僕達業者側としてもとてもうれしい事です。というのは、お客さんも私たちも納得したものが出来上がるからです。

お客さんも私たちも共に納得のいく状態で工事ができるからこそ、質の高い提案と工事ができると感じています。

―にしはら造園 ガーデンコーディネーター 西原 輝

宮原 圧志 (義 四男) 現場主任
(西原家長女の旦那様)

始めまして、こんにちは。にしはら造園で職人をしている、宮原圧志(みやはら あつし)と言います。22歳のとき、奥さんである西原成美と出会い、結婚しました。 今では二児の父です。

私自身、お客さんの笑顔を見られることと、お喜びの声をいただけることが自分にとって一番のモチベーションとなってます。

自分のスキルアップはもちろんですが、「どうやればお客様に、より喜んでいただけるか」を考えながら工事に取り組むのもひとつの楽しみでもあります。

にしはら造園は一見、身内で固まっているように思えますが、身内だろうが何だろうが、そんな事は関係ありません。お互いに切磋琢磨し合いますし、誰であれ、優れたアイデアは取り入れられます。

そんな、漫画ワンピースの麦わら海賊団のような、にしはら造園が僕は大好きです。この志事を通して、二人の娘たちにも良き父として背中をみせれたらなと感じています。

―にしはら造園 現場職人 主任 宮原 圧志