本ページはプロモーションが含まれています

生垣の手入れを不要にする5つの方法|手間のかからない生垣でおすすめの種類もご紹介

「生垣の手入れを不要にしたい…」

生垣の成長は早く、剪定を怠るとすぐに大きくなってしまいますよね。

それに、剪定のたびに大量の枝や葉を処理するのも一苦労。剪定のための道具を準備したり、どの部分をどのように切るべきかを考えたりするのもストレスです。

また、生垣の手入れが行き届いていないと、近所の人に見られることが恥ずかしいと感じることもあるでしょう。

そこで、この記事では、生垣の手入れを不要にする5つの方法をお伝えします。

目次

そもそもの庭の生垣の意味と役割

生垣とは、文字通り「生きている垣根」で、生きている木を並べて植えて垣根(境界)としたものです。

敷地と道路、庭と駐車場、庭の中の区切りとして設置されることが一般的です。

また、生垣の高さは80cm~1.6m辺りとすることが多いですが、高垣と呼ばれる生垣は数mの高さで維持され、ブロック塀やフェンスなどでは対応出来ない部分を補ったりもします。

他にも、生垣は、私たちの生活空間に緑の美しさとプライバシーを与えてくれます。それは、自然の壁として機能し、私たちの家を外部の視線や騒音から保護します。

しかし、生垣はその美しさと機能性を保つために定期的な手入れが必要です。

剪定を怠ると生垣は大きくなりすぎ、見た目が悪くなるだけでなく、近隣の人々に迷惑をかけることもあります。また、生垣の手入れは専門的な知識と技術を必要とする場合もあります。

垣根とは?生垣とどう違うの?

「垣根」とは、自宅の境界線を作るための壁のことで、プライバシーを保護する目的があります。具体的には、ブロックやフェンスなどの人工物を設置して家の境界線を引くことを指します。

これに対して、「生垣」は植物を植えて境界線を形成するものです。

要するに、垣根は「境界線を示すもの」、生け垣は「植物で境界を示す物」という事です。

垣根の選択肢の1つとして「生垣」があるというイメージを持っていただくと分かり良いかと思います。

生垣のメリット

生垣は、その自然な美しさと機能性から、多くのメリットを持っています。

  1. 自然な美しさ:生垣は自然の風合いを持ち、周囲の景色に自然に溶け込みます。そのため、無機質な印象を与えることなく、庭や敷地を美しく見せることができます。
  2. プライバシー保護:生垣は視線を遮ることができ、プライバシーを保護します。また、生垣は音を吸収する効果もあり、騒音を軽減する役割も果たします。
  3. 環境に優しい:生垣は二酸化炭素を吸収し、酸素を放出します。これにより、環境に優しい空間を作ることができます。
  4. 季節感の享受:生垣は四季折々の変化を楽しむことができます。花が咲いたり、葉が色づいたりする様子は、季節感を感じさせ、心地よい空間を作り出します。
  5. 自由なデザイン:生垣は自分の好みに合わせて植物を選ぶことができ、形状も自由に変えることができます。これにより、自分だけのオリジナルの生垣を作ることができます。

生垣のデメリット

続いて、生垣のデメリットについてお伝えします。

  1. 手入れの大変さ:
    まず思い浮かぶのはその手入れの大変さですね。生垣は成長が早く、定期的な剪定が必要となります。それに伴い、大量の枝や葉の処理も必要となり、大きな負担となります。
  2. 専門的な知識が必要:
    剪定のための道具の準備や、どの部分をどのように切るべきかなど、専門的な知識が必要となるため、それがストレスになる。
  3. プライバシーの侵害:
    生垣の手入れが行き届かないと、その見た目が損なわれ、プライバシーが侵害される可能性があります。
  4. 虫の問題:
    生垣を放置していると、虫やスズメバチが寄り付きやすいという問題があります。その事により、刺されてけがを負うかもしれないリスクがあります。
  5. 近隣との関係:
    生垣の手入れが行き届かないと、近隣の人々から冷たい視線を感じる可能性があります。また、落ち葉や伸びた枝などが近隣の人々に迷惑をかけることもあります。

手入れが大変な生垣を手入れ不要に!ローメンテナンスで手入れが楽に簡単にするポイントをご紹介

これまでに、生垣のメリット・デメリットをお伝えしましたが、この記事をご覧の方は、生け垣の手入れが大変で、悩まれている事でしょう。

そこで、次に、ローメンテナンスで手入れを楽にする方法と、手入れの手間を不要にする方法についてお伝えします。

成長が遅い種類や手入れが簡単な種類を選ぶ

成長が遅い種類や手入れが簡単な種類を選ぶことで、剪定の回数を少なくすることができます。また、剪定時に出る刈った後の枝葉の処理が少なくて済みます。

剪定のタイミング

生垣の剪定は一年に一度、冬季に行う。これにより、生垣の成長を抑え、手入れの頻度を減らす事ができます。

防草シートの利用

生垣の下に防草シートを敷くことで、雑草の発生を防ぎ、管理も楽になります。防草シートは、水は通すので、生け垣への悪影響などはありません。

生垣をやめる

当然の事ながら、そもそも生垣を止めてしまえば、手入れをする必要がありません。生垣に変わる目隠しを取り入れる事で、メンテナンスを不要にすることが出来ます。

これらの方法を取り入れることで、生垣の手入れが楽になり、時間と労力を節約することができます。

生垣の手入れが楽になれば、その時間を他の大切なことに使うことができ、より豊かな生活を送ることができるでしょう。

生垣「以外」の目隠しになる垣根でおすすめの種類!費用はどれくらい?

生垣の手入れが大変で、その負担を感じている方にとって、生け垣の手入れを不要にする最も効果的な解決策は、生垣を伐採して、他の物を取り付けることです。

なぜなら、生垣の手入れには定期的な剪定や肥料の管理、虫対策など、多くの時間と労力が必要となります。

これらの作業は専門的な知識が必要な場合もあったり、何よりも物理的な労力が大変です。

しかし、生垣をやめてしまうと、その代わりに何を設置すれば良いのでしょうか。

つぎに生垣をやめて、生垣以外の代用品についてお伝えします。

目隠しフェンス

生垣の手入れを不要にする1つ目の方法はフェンスにする事です。

生垣をフェンスに変えることの最大のメリットは管理が楽になることです。

生垣は定期的な剪定や落ち葉の処理が必要ですが、フェンスにすればこれらの手間が省けます。

これにより、空いた時間で、趣味などに時間とエネルギーを使うことができます。

また、フェンスは生垣と比べて耐久性があり、長期間美しい状態を保つことができます。

しかし、一方でデメリットもあります。フェンスは生垣と比べて自然の風合いが少なく、見た目が硬くなる可能性があります。

とはいえ、生垣からフェンスに変えると、朝、窓を開けると、手入れの必要ない美しいフェンスが見えます。

これにより、「もう生垣の手入れをしなくて済むんだ」と思うと、毎日の生活が少し楽になり、心に余裕が生まれます。

また、フェンスは生垣と比べて見た目が整っているため、家全体の印象もよくなります。

そんなことから、生け垣の手入れを不要にするものとして、目隠しフェンスが最もお勧めです。

とはいえ、フェンスの設置には初期費用がかかります。どれくらいかかるのか気になりますよね。

そこで次に生垣からフェンスに変える費用についてお伝えします。

フェンスにかかる費用

実は、生垣からフェンスに変更する際の費用は、様々な要素によって変動します。簡単に費用の要素を挙ると次の通りです。

  1. 撤去費用: まず、既存の生け垣を撤去するための費用が必要です。これには、生け垣の大きさや種類、撤去作業の難易度などが影響します。
  2. 処分費用: 生け垣の撤去に伴い、発生した廃材の処分費用が必要です。
  3. フェンスの種類と材質:アルミやスチール、木製など、フェンスの材質によって価格は大きく異なります。また、デザインや機能性も費用に影響します。
  4. フェンスの長さ:フェンスが長ければ長いほど、本体や部品の数が必要になり、値段が上がります。
  5. フェンスの高さ:フェンスの高さによっても費用は大きく変わってきます。高ければ高いほど、フェンスの値段は上がります。
  6. 工事費: ブロック塀の設置には専門的な技術が必要なため、専門業者に依頼することが一般的です。そのため、工事費が発生します。

具体的な費用については、お住まいの地域や選択するフェンスの種類、業者によりますので、具体的な数値を出すことは難しいです。

また、生垣からフェンスに変える場合は、フェンスの設置費用以外に、生け垣の撤去費用がかかります。

そのため、フェンスを取り付ける場合は、生け垣の撤去費用も掛かるという事を念頭に置いておくと良いでしょう。

それらも踏まえると、およその金額ををお伝えすると、50万円~100万円以上はみておいた方が良いでしょう。

具体的な費用を知りたい場合は、地元の業者に直接問い合わせて見積もりを取ることをおすすめします。

ブロック塀

生垣の手入れを不要にする方法として、ブロック塀に造り変えるという方法もあります。

ブロック塀は、単に既製品のブロックを積み上げるだけではなく、天然石を張ってオシャレにしたり、塗り材で壁を塗ることでおしゃれにしたり、最近では壁にボードを張っておしゃれに見せたり、様々なバリエーションがあります。

そのバリエーションの多さがブロック塀の魅力の1つでもあります。

それ以外にも、ブロック塀の基本的なメリットがあります。

基本的なメリットとしては、やはりその耐久性が挙げられます。外構の専門業者が鉄筋を入れて施工したブロック塀は、約30年の耐用年数を誇ります。

また、汚れが目立ってきたときには高圧洗浄機で洗い流すだけでお手入れが可能で、災害や事故がなければ、定期的なメンテナンスだけで長期間使い続けられます。

さらに、ブロック塀にする事で、フェンスと比べて隙間が少ないため、簡単に登ることができないので、敷地内への侵入を防げます。

また、隙間がないのでフェンスよりも目隠しの効果が高まります。

一方、ブロック塀のデメリットとしては、近年の施工不良のブロック塀が倒れてしまい、悲惨な目に合ったニュースなどの影響による、耐震性への不安が挙げられます。

また、風を通さないため、家の通風性が悪くなる可能性があります。さらに、壁が高いと隠れる場所が増えるので、空き巣などの被害が起こり得る可能性もあります。

ブロック塀の費用について

生垣からブロック塀に変える場合の費用についても、様々な要素によって変動します。簡単に費用の要素を挙ると次の通りです。

  1. 撤去費用: まず、既存の生け垣を撤去するための費用が必要です。これには、生け垣の大きさや種類、撤去作業の難易度などが影響します。
  2. 材料費: ブロック塀を設置するための材料費が必要です。ブロックの種類や大きさ、デザインにより費用は変動します。
  3. 工事費: ブロック塀の設置には専門的な技術が必要なため、専門業者に依頼することが一般的です。そのため、工事費が発生します。
  4. 処分費用: 生け垣の撤去に伴い、発生した廃材の処分費用が必要です。
  5. その他の費用:ブロック塀周りの地面の処理等。

費用については、ブロック塀の面積や施工方法により大きく異なります。

化粧ブロックを採用すると、見た目はおしゃれになりますが、費用は高くなる傾向があります。また、フェンスと比べてブロック塀の方が相場価格は高いとされています。

それらも踏まえると、およその金額ををお伝えすると、60万円~100万円以上はみておいた方が良いでしょう。

具体的な費用を知りたい場合は、地元の業者に直接問い合わせて見積もりを取ることをおすすめします。

ラティスで目隠し

生垣の手入れを不要にする方法として、ラティスで目隠しをするという方法もあります。

ラティスは、簡単に取り付けられる同時に、お庭を彩るおしゃれなアクセントポイントの1つになるだけでなく、適切なプライバシーを提供します。

また、ラティスは、様々な素材、デザイン、サイズで利用できます。

木製のラティスは、自然な雰囲気を好む方におすすめです。

また、プラスチック製のラティスは、耐久性とメンテナンスの容易さを求める方に適しています。

さらに、ラティスは植物を這わせたり、プランターをひっかけておくための支えとしても使用でき、緑豊かな目隠しを作ることができます。

例えば、お庭に自然な雰囲気を求めておられるなら、木製のラティスにつる性の植物を絡ませることで、美しい緑の壁を作ることができます。

それにより、視覚的な魅力を加えながら、必要なプライバシーを提供します。

しかし、ラティスには大きなデメリットがあります。

それは何かというと、経年劣化が激しいという事です。

特に木製のラティスは、紫外線や風雨にさらされ、放っておくと腐って朽ちていき、お庭の見栄えが大きく損なわれます。また、朽ちてきて、ラティスの格子が外れたりもします。

プラスチック製や樹脂製のラティスの場合だと、朽ちる事がないので、長持ちします。

とはいえ、色あせたり、苔やカビなどにより見た目が悪くなる事があるのでご注意ください。

また、植物を絡ませる場合は、当然植物も育ち生え茂るので、適切な手入れが必要となります。

ラティスは生垣の代わりになる素晴らしい選択肢ですが、経年劣化が激しいということを忘れないでください。

ラティスの費用について

生垣からラティスに変える場合の費用については次のような要素があります。

  1. 撤去費用: まず、既存の生け垣を撤去するための費用が必要です。これには、生け垣の大きさや種類、撤去作業の難易度などが影響します。
  2. 処分費用: 生け垣の撤去に伴い、発生した廃材の処分費用が必要です。
  3. 工事費: メッシュフェンスの設置には専門的な技術が必要なため、専門業者に依頼することが一般的です。そのため、工事費が発生します。
  4. ラティスの種類と材質:プラスチック製や樹脂製、木製など、ラティスの材質によって価格は大きく異なります。また、デザインや機能性も費用に影響します。
  5. 高さと、長さ:フェンスと同様に高さと長さも費用に影響します。

費用について、ラティスはホームセンターでも手軽に入手できる事と、DIYで取り付ける事もできるので、費用は比較的抑える事ができます。

とはいえ、DIYで簡単にラティスを取り付けたい場合は、フェンスに結束バンドで結びつけるという方法で施工される方が多いです。

そのため、生け垣を撤去してラティスを取り付ける場合は、メッシュフェンスを先に立てて、メッシュフェンスにラティスを取り付ける事を想定しておくと良いでしょう。

メッシュフェンスはフェンスの中でも最も安いフェンスなので、比較的値段も抑えられます。

それらも踏まえると、およその金額ををお伝えすると、30万円~60万円以上はみておいた方が良いでしょう。

具体的な費用を知りたい場合は、地元の業者に直接問い合わせて見積もりを取ることをおすすめします。

ポールで目隠し

生垣の手入れを不要にする方法として、ポールで目隠しをするという方法もあります。

ポールを使った目隠しは、視線を気にする方にとっては非常に有効な選択肢です。

特に、壁やフェンスを設置すると圧迫感を感じてしまう方には、ポールが最適です。

なぜかというと、ポールは適度な間隔をあけることで、デザイン的にも素敵に見えるからです。

また、オープンガーデンにとても合う外構エクステリア商材とも言えます。

例えば、木の質感のあるポールを使って、横一直線に並べたり、互い違いにしてならべたり、緩やかにカーブするように並べたり、並べ方がにバリエーションができるので、フェンスやブロック塀とはまた違ったオシャレを演出することができます。

デメリットとしては、フェンスやブロック塀よりも隙間が出来る事がデメリットの1つで、目隠しをメインで考えたい人や、防犯が気になる方にとっては、不向きな商品でもあります。

ちなみに、枕木を立てて使う事はあまりお勧めできません。なぜなら、枕木は数年後に必ず腐るからです。

なので、ポールを建てる場合は、コンクリート製やアルミ製のものを使用することをお勧めします。

ポールの費用について

生垣からポールに変える場合の費用については次のような要素があります。

  1. 撤去費用: まず、既存の生け垣を撤去するための費用が必要です。これには、生け垣の大きさや種類、撤去作業の難易度などが影響します。
  2. 処分費用: 生け垣の撤去に伴い、発生した廃材の処分費用が必要です。
  3. 工事費: ポールの設置には専門的な技術が必要なため、専門業者に依頼することが一般的です。そのため、工事費が発生します。
  4. ポールの種類と材質:コンクリート製やアルミ製など、ポールの材質によって価格は大きく異なります。また、デザインや機能性も費用に影響します。
  5. 高さと、長さ(距離=本数):フェンスと同様に高さと長さも費用に影響します。距離が長いとポールの本数も増えていきます。

ポールはホームセンターで見つける事は難しいので、ネット通販で買う方が入手しやすいでしょう。

とはいえ、ネット通販でも見つけにくい商品なので、DIYで作るのは商品が入手しにくいというのが難点です。

なので、地元のエクステリア・外構・造園業者さんに相談して頂く方が早いでしょう。

それらも踏まえると、およその金額ををお伝えすると、30万円~60万円以上はみておいた方が良いでしょう。

具体的な費用を知りたい場合は、地元の業者に直接問い合わせて見積もりを取ることをおすすめします。

フェイクグリーンをフェンスに巻きつける

(PR)

フェンスやブロック塀だと無機質ですよね。とはいえ、生け垣だと管理が大変。そんな時に、違う選択肢としてフェイクグリーンを使うとという方法もあります。

フェイクグリーンとは、植物を模した人工の植物のことで、枯れることなく、水やりや肥料などの手間が不要で、どんな環境にも設置可能です。

とはいえ、メリットデメリットもあります。

メリット:

  1. 枯れる心配がない:フェイクグリーンは生物ではないため、枯れることはありません。特に植物の世話が苦手な人にとって大きな利点となります。
  2. 手間がかからない:水やりや肥料、害虫対策など、生物の植物に必要な手間が一切不要です。
  3. 環境を選ばない:日当たりや温度、湿度など、生物の植物が必要とする特定の環境を必要としません。どのような場所にも設置可能です。

デメリット:

  1. 植物の世話を楽しむことができない:植物の成長を見守る楽しみや、育てる過程を楽しむことはできません。
  2. 埃や汚れが付きやすい:フェイクグリーンは埃や汚れが付きやすいため、定期的な掃除が必要となる場合があります。
  3. 安っぽい印象を与える可能性:フェイクグリーンは見た目が安っぽく見えることがあります。しかし、最近のフェイクグリーンは非常に精巧に作られており、一見すると本物と区別がつかないものもあります。
  4. 耐久性が短い:一般的にフェイクグリーンの耐用年数は5年から10年と言われていますが、屋外での使用は、雨ざらしになったり、紫外線の影響などで痛むのが速いです。

フェイクグリーンは使用環境にもよりますが、付け替えが必要となる事を想定して使用すると良いでしょう。

フェイクグリーンの費用について

生垣からフェイクグリーンに変える場合の費用については次のような要素があります。

  1. 撤去費用: まず、既存の生け垣を撤去するための費用が必要です。これには、生け垣の大きさや種類、撤去作業の難易度などが影響します。
  2. 処分費用: 生け垣の撤去に伴い、発生した廃材の処分費用が必要です。
  3. 工事費: フェンスの設置には専門的な技術が必要なため、専門業者に依頼することが一般的です。そのため、工事費が発生します。
  4. フェイクグリーンの種類や材質:フェイクグリーンはリアルなものほど高くなる傾向にあります。とはいえ、見た目がリアルな物の方がより自然なのでお勧めです。
  5. 高さと、長さ(距離=本数):フェイクグリーンと同様に高さと長さも費用に影響します。距離が長いとポールの本数も増えていきます。

費用的には、メッシュフェンスと言ったフェンスの中でも最も安いタイプのフェンスに巻き付ける事ができるので、比較的安価で、生け垣をやりかえる事ができます。

また、フェンスの設置は専門業者に、フェイクグリーンはDIYで取り付けるという事も可能なので、費用を押させることができます。

およその金額ををお伝えすると、業者に依頼した場合、30万円~60万円程度はみておいた方が良いでしょう。

具体的な費用を知りたい場合は、地元の業者に直接問い合わせて見積もりを取ることをおすすめします。

※フェンスだけ業者さんに作ってもらって、フェイクグリーンはご自身で購入して、DIYで簡単に取り付けられます。

生垣でおすすめしない植木の種類

これまでに、生け垣の手入れを不要にする代用品をお伝えしましたが、「そうは言っても生垣も捨てがたい」という人もおられる事かと思います。

そこで生垣を検討する上で、手入れ以外にもに注意しないといけないことがあります。

それは、生垣で一般的に使われる植物の中には、てがつけられないほど巨大になる植木があるという事です。

他にも、葉が多く落ちる樹種、旺盛に成長しすぐに剪定が必要な植物、そして害虫が寄り付きやすいもの…。

適切な選択をしないと、想像以上の手間とストレスが待っています。

そこで次に、生垣選びの際に避けたほうがよい植物の種類とその理由について詳しく解説します。

※ここでご紹介する生垣は、あくまで私達の経験上「植えない方が良い」というものであり、植物自体を否定するものではございません。

シラカシ

シラカシはその名の通り、まっすぐに高く成長する特性を持つ樹種です。この特性が、私たち造園屋から見て生垣として適さない理由となっています。

なぜなら、シラカシの旺盛な成長力が、そのまま手入れの頻度と手間を増やすからです。

具体的には、シラカシは成長スピードが非常に速く、あっという間に高さを伸ばします。

そのため、生垣としての形を保つためには定期的な剪定が欠かせません。

また、シラカシの枝と葉は密集する傾向にあり、これが虫が寄り付きやすい環境を作ります。

これはハチや鳥が巣を作る可能性を高め、虫などが嫌いな方にとっては非常に不快な思いをする原因ともなります。

また、シラカシは葉を落とすため、その掃除がまた別の手間となります。植えたは良いものの、想像以上のメンテナンスに追われる結果となることは避けたいですよね。

以上の理由から、シラカシは生垣としては手入れが大変であるため、おすすめできません。より管理が楽で、美しい生垣を保つためには他の樹種を選択することをお勧めします。

コニファー類

まずは結論からお伝えすると、生垣としてコニファーを選ぶことは慎重になった方が良いでしょう。

その主な理由は、コニファー類全体的に言えることですが、コニファーの成長力の強さにより、管理が難しくなる可能性があるからです。

コニファーは、美しい針葉を持ち、その姿は生垣として魅力的に映るかもしれません。

しかしその裏側では、放置してしまうと驚くほどのスピードで成長を続け、いつの間にか手に負えないほどの大きさになってしまうのです。

例えば、ある日窓から庭を見ると、コニファーがあっという間に家の高さを超えているなんてことは、想像より現実的な出来事となります。

そのため、定期的に剪定を行う必要があり、これは予想外の時間と労力を必要とする可能性があります。

つまり、その生育力の強さから、生垣としてコニファーを選ぶことは、特に管理が難しくなる可能性があるため、おすすめできません。

その美しさを楽しみつつ、手間を掛けずに管理することが可能な他の樹種を選ぶことをお勧めします。

カイズカイブキ

生垣としてカイズカイブキを選択することも止めておいた方が良いでしょう。

その理由として、カイズカイブキは強い生長力を持ち、手入れを怠ると巨大な大きさに育ってしまうからです。

カイズカイブキは生垣として古来から人気がありますが、その成長力は非常に強く、放置しておくと驚くほどの高さに育ちます。

酷い場合、家の高さを越え、周囲に広がる姿は見応えがある一方で、その管理は大変な労力を必要とします。

また、頻繁な剪定が必要となり、それを怠ると歩道を覆うほどに横に広がり、通行人の迷惑になることもあります。

さらに、巨大になると素人が剪定を行うには手に負えなくなるため、専門的な道具や技術が必要となります。

また、巨大になれば伐採を行う費用も掛かります。

上記のような事から、生垣としてカイズカイブキを選ぶことは、その強い生長力とそれに伴う手間から、おすすめできません。

代わりに、手入れが容易で、適度な大きさを保つ樹種を選ぶことをお勧めします。

シマトネリコ

シマトネリコは生垣として使われることはないでしょうが、お勧めしない植木の代表格なのでお伝えしておきます。

まず結論から言うと、シマトネリコをお勧めしない理由は、成長が早く、手入れを怠ると知らない間に家の高さを超えてしまうからです。

例えば、何も手を加えずに放っておくと、シマトネリコはあっという間に大きくなり、自分で手入れができないくらい、巨大になってしまいます。

また、シマトネリコの根は強力で広範囲に広がる特性があります。

そのため、雨水マスや汚水マスに侵入し、目詰まりを起こす可能性があります。特に汚水に侵入して目詰まりを起こした場合なんて最悪です。お風呂の排水どころか、トイレの汚物まで詰まらせてしまうので。

特にやってはいけないのが、汚水桝や雨水桝の近くにシマトネリコを植えてしまう事です。根っこが水を求めて枡の中に侵入していくからです。

したがって、上記の理由から、シマトネリコを植える事はおすすめできません。

成長速度の制御と根の問題を適切に管理できる方でない限り、他の樹種を選択した方が良いでしょう。

手間のかからない生垣を選ぶ2つのポイント

まず結論からお話しますと、手間のかからない生垣を選ぶポイントは、「生育速度が遅めである」「耐病性がる」「刈り込みができる」の3つとなります。

理由は、これら3つの要素が、生垣の手入れに要する時間と労力を大きく影響します。
例えば、

  • 「生育速度が遅い」樹木は、枝葉がそれほど伸びない為、剪定の頻度が下がります。
  • 「耐病性がある」樹木は病気になりにくく、特別なケアも必要ありません。
  • 「刈り込みができる」樹木は、素人でも生垣バリカンなどで簡単に剪定ができるため、透かし剪定などの特別な技術が必要としません。

そのことから、生育速度が緩やかで、病気に強く、刈り込みができる樹木を選ぶことで、年1回の剪定で済みます。これらのポイントを基にして、手入れの楽な生垣をご紹介します。

注意点:

手間のかからない生垣と言えども、植木は生き物なので、放っておくとどんどん伸びていきます。

そのため、剪定は必ず必須になってきます。また落ち葉も落ちるので、定期的な落ち葉掃除も必須になってきます。

剪定や落ち葉掃除を全くしたくない場合は、フェンスやブロック塀を検討しましょう。

【庭の生垣の木でおすすめ】常緑樹で中低木の植木・植物の種類!人気があるおしゃれな洋風の樹木もご紹介

あなたが、フェンスやブロック塀も良いけど、やっぱり生垣が良いという場合、「じゃあ庭の生垣の木には結局何を植えたらいいの?」と思われますよね。

そこで、次に手入れがかからない生垣として人気の常緑中低木の種類を詳しくご紹介します。

剪定の手間が少なく、おしゃれで洋風の雰囲気を出せる植物たちをご紹介します。

【手間のかからない洋風の害虫に強い生垣】常緑低木の庭木の種類もご紹介

マサキ(常緑・中木)

項目

詳細

特徴

マサキはニシキギ科の常緑樹で、北海道南部から九州まで日本全国に分布します。丈夫で成長が早く、剪定にも強いため、庭木や垣根としてよく使われます。

開花の有無と時期

開花は6~7月で、新枝にある葉の付け根から伸びた花序に直径5ミリほどの花が多数集まって咲きます。

果実の有無と時期

果実は10月~1月になると淡い紅紫色に熟して、3~4つに裂けて種子が飛び出します。

耐候性の有無と理由

耐寒性があり、北海道南部以南であれば植栽できます。しかし、本来は暖地を好みます。大気汚染や強度の乾燥過湿にも耐えます。

成長速度

成長はやや早いです。

適した成育環境

日向を好むが、耐陰性が高く半日陰でも育ちます。

年間の剪定回数と時期

刈り込み可。年に数回剪定が必要です。いつ行ってもOKですが、初夏か秋口が理想。真夏は控える。

耐病性と理由

病害虫にやや弱く、ウドン粉病に罹患することやカイガラムシ、ハマキムシの被害にあうことがあります。

プリペット(常緑・中木)

項目

詳細

特徴

中国及びヨーロッパを原産とする常緑低木。葉が密生し、公園や商業地の植え込みなどに多用される。成長が旺盛で、ネズミモチやイボタノキの仲間。

開花の有無と時期

刈り込みをせずに放任すれば初夏に白い花を咲かせる。ただし、花の観賞を目的にするような木ではない。

果実の有無と時期

花が咲くので実もできるが、観賞用ではない。

耐候性の有無と理由

寒さに弱く、地域によっては冬期に落葉する。また、暖地に植えた場合でも環境に慣れるまでは冬期に落葉することがある。

成長速度

成長が早い。

適した成育環境

半日陰でも育つが、基本的には日向を好む樹種。日陰に植えると枝葉が間延びすることがある。

年間の剪定回数と時期

刈り込み可。最低でも年2~3回の手入れが必要。前年の秋以降に剪定をしなければ開花しやすい。

耐病性と理由

ハマキムシの被害を受けやすい。被害を受けた茶色い葉は早期に取り除く。

レッドロビン(常緑・中木)

項目

内容

特徴

新芽の赤味が際立つ。刈り込んだ後は時季を問わず赤い芽が出る。春には真っ白な小花を咲かせ、秋には赤い実をつける。

開花の有無と時期

開花は5・6月ころ。ただし頻繁に刈り込まれることが多いため花を楽しむ木という印象は乏しい。

果実の有無と時期

秋に赤い実をつける。

耐候性の有無と理由

寒さにやや弱く、寒冷地では生育の悪い場合がある。

成長速度

成長が早い。

適した成育環境

日向を好む。有機質の多い肥沃な土壌を好む。

年間の剪定回数と時期

刈り込み可。季節を問わず剪定可能。ただし、夏場に強い剪定を行うと病害の発生を誘発する可能性がある。

耐病性と理由

かつては病気になりにくいとされたが、根頭がん腫病やゴマ色斑点病、カイガラムシの被害などに遭うことがある。

トキワマンサク(常緑・中木)

項目

内容

特徴

5月頃にマンサクに似たヒモ状の花を咲かせる。一年中葉をつけているため常盤満作と名付けられた。近年垣根に利用されることが増えてきた。

開花の有無と時期

5月頃に開花する。

常緑か落葉か

常緑

耐候性の有無と理由

寒さに弱いため、東北や北海道などの寒冷地では生育が難しい。

成長速度

成長が早い。

年間の剪定回数と時期

刈り込み可。放任すると徒長枝が増えたり株が大きくなり過ぎる。また枝が四方八方に広がりやすい。

耐病性と理由

病気には比較的強いが、苗木を植え付けるにコウモリガの被害に合う頃がある。コナジラミ、ミノムシ、ハマキムシが出てくる事もある。

フェイジョア (常緑・中木)

項目

内容

特徴

ウルグアイやパラグアイなど中南米を原産とする亜熱帯の果樹。食用となる実もさることながら花も美しいため日本でも庭木として使われる。

開花の有無と時期

開花は5~6月。蕊しべが目立つ花の作りは同じ時期に咲くビヨウヤナギやキンシバイに通じるものがある。

常緑か落葉か

常緑

果実の有無と時期

11月ごろに熟す果実は甘くパイナップルのような香りがある。実が落ちる前に収穫し、しばらく寝かせたものを生で食べたりジャムにして食べたりもできる。

耐候性の有無と理由

原産地を見れば分かるように温暖な地を好むが成木であれば冬場に気温がマイナス10度になるような場所でも耐える。ただし寒風には弱いため風当たりの強い場所は避けるか囲いを設けるとよい。

成長速度

緩やか

適した成育環境

日差しを好む陽樹であり日陰では花や実ができにくい。

年間の剪定回数と時期

剪定には耐えるが、刈り込みばさみで刈り込むような木ではない。密生した枝を根元から間引くような剪定が適する。透かし剪定が必要なため、素人では剪定がやや難しい。

ヒメシャリンバイ(常緑・低木)

項目

内容

特徴

バラ科・シャリンバイ属の一種で低木で植栽されることが多い。ヒメシャリンバイは、シャリンバイに比べ葉は小さく、光沢があります。

開花の有無と時期

開花します。開花時期は5月から6月です。

常緑か落葉か

常緑です。

果実の有無と時期

果実があります。果実の熟す時期は秋です。食用ではない。

耐候性の有無と理由

耐候性があります。寒さに強く、日本全国で育てることができます。

成長速度

成長速度は遅いです。

適した成育環境

日向でも日陰でも生育が可能。

年間の剪定回数と時期

刈り込み可。年に1回、春に剪定を行います。ただし、成長が遅いため、必要に応じて剪定を行います。

耐病性と理由

カイガラムシが天敵。カイガラムシ対策を行っておく。

ボックスウッド(常緑・低木)

項目

内容

特徴

明るい葉色が特徴で、洋風のガーデンに相性が良い。刈り込みに耐えるため、公共スペース等の植え込みにも利用される。丈夫で初心者にも育てやすい。

開花の有無と時期

3~4月頃に花を咲かせるが観賞用ではない。

常緑か落葉か

常緑性の低木。だし、寒さにやや弱く冬期には葉が褐色に変化する。

耐候性の有無と理由

耐候性があり、刈り込みにもよく耐える。とはいえ、寒さにやや弱く、冬期には葉が褐色に変化する。

成長速度

早くもなく、遅くもない。

適した成育環境

基本的には日向が好きな木だが、日陰にも耐える。土質もよほどの荒地でなければ問題はない。

年間の剪定回数と時期

刈り込み可。春先から夏前もしくは秋ごろに剪定。刈り込みに強いため、好きな形に剪定できる。

耐病性と理由

風通しの悪い場所ではハマキムシや蛾の幼虫の被害に遭いやすい。

アベリア(常緑・低木)

項目

内容

特徴

アベリアは、常緑の低木で、花が美しいことで知られています。葉は小さく、光沢があり、密に茂っています。花は小さく、白色またはピンク色で、長い期間にわたって咲きます。

開花の有無と時期

開花します。開花期は春から初夏にかけてで、一部の品種では秋にも再び花を咲かせます。

常緑か落葉か

常緑の低木です。

耐候性の有無と理由

寒さに強いです。しかし、厳しい冬季には霜焼けを避けるために保護が必要です。

成長速度

成長速度は中程度です。

適した成育環境

日当たりの良い場所を好みますが、半日陰でも育ちます。花を多く咲かせたい場合は日なたに植え付ける方が良い。

年間の剪定回数と時期

刈り込み可。年に1~2回、花が終わった後の初夏に剪定します。

耐病性と理由

一般的に病害虫に強いですが、特に湿度が高い環境では病気になりやすいです。

手間のかからない和風の生垣

サツキ(常緑・低木)

項目

内容

特徴

ツツジの一種で、日本原産。江戸時代に多くのツツジの品種が作り出され、4月~5月に咲くものをツツジ、5月~6月に咲くものをサツキと区別するようになった。

開花の有無と時期

開花あり。開花時期は5月下旬から6月上旬。

常緑か落葉か

常緑。

果実の有無と時期

果実あり。花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)。食用ではない。

耐候性の有無と理由

耐候性あり。丈夫な性質を持つため、庭木や盆栽として広く栽培される。ただし、寒さにも強い。しかし寒風には弱いため、東北や北海道などの寒冷地では、冬に葉を落とす半落葉性になることもある。

成長速度

成長速度は早い。

適した成育環境

日陰でも育つが、基本的に日光を好むので、日なたでの植栽がよい。花を咲かせたい場合は日なたの方がよい。

年間の剪定回数と時期

刈り込み可。5月~6月頃、花が終わり次第剪定する。6月~7月頃に花芽が付く。初夏以降の剪定は花芽も刈る事になるので、翌年の花付きが悪いと感じられる事がある。

耐病性と理由

耐病性は、丈夫で病害虫にも強い。まれにカミキリやハマキムシの被害に遭うことがある。

イヌツゲ

項目

内容

特徴

イヌツゲは、高さが1.5〜2mに成長する低木で、枝が広がり、密に茂る。葉は対生し、形状は楕円形から卵形、色は濃緑色で光沢がある。葉の長さは約5〜10cmで、葉の縁には鋸歯がある。

開花の有無と時期

春(4〜5月)に白い花を咲かせる。観賞用としては向かない。

常緑か落葉か

常緑の低木。

果実の有無と時期

雌雄異株のため、雌株にだけ黒い果実がつく。食用でもなく、観賞用でもない。

耐候性の有無と理由

寒さに強い植物で、耐寒性がある。そのため、寒冷地でも育てることが可能である。

成長速度

成長速度は比較的遅い。

適した成育環境

日当たりの良い場所を好むが、半日陰でも育つ。湿度が高い場所を好み、排水の良い土壌を好む。。

年間の剪定回数と時期

年に1〜2回、春と秋に剪定を行う。剪定は枝の成長を抑え、形状を整えるために行われる。

耐病性と理由

比較的病害虫に強いが、湿度が高いと病気になりやすい。特に、根腐れ病や葉斑病に注意が必要である。

イヌマキ

項目

内容

特徴

土質を選ばず丈夫に育ち、病害虫の被害も比較的少ない。大気汚染や潮風にも強く、都市部や沿岸部の防風林や垣根として盛んに使われる。

開花の有無と時期

5~6月ごろに雌雄それぞれの花が葉の脇に咲く。観賞用ではない。

常緑か落葉か

常緑

果実の有無と時期

雌の木にできる実は団子状で、10~12月に赤黒く熟す。観賞用ではない。

耐候性の有無と理由

耐候性があり、耐寒性は強い。しかし、基本的には暖かい気候を好む。

成長速度

やや遅い

適した成育環境

日向を好むが、日陰にも耐える。刈り込みに強い。

年間の剪定回数と時期

刈り込み可。年2回が理想だが、年1回の剪定でも問題はない。5月頃か、秋口に剪定を行う事が理想。

耐病性と理由

病害虫の被害が比較的少ない。

ツバキ(椿)

項目

内容

特徴

ツバキは、常緑の広葉樹で、花は大きく美しい。花色は主に白や赤で、一部の品種ではピンクや黄色の花を咲かせる。花びらは一重や八重など、品種により異なる。

開花の有無と時期

開花する樹木で、開花時期は品種により異なるが、一般的には冬から春にかけて(11月から4月頃)が主な開花時期である。

常緑か落葉か

常緑樹

果実の有無と時期

果実はつく。観賞用ではない。

耐候性の有無と理由

ツバキは寒さに強い耐候性を持つ。しかし、強い寒さや乾燥には弱く、特に花は霜に弱い。

成長速度

やや遅い。

適した成育環境

日陰でも育つが、より良い花を咲かせるためには日なたもしくは、半日陰が適している。

年間の剪定回数と時期

刈り込み可。ツバキの剪定は年に1回、主に花が終わった後の春に行われる。

耐病性と理由

一般的には病害に強いが、湿度が高いと黒星病に感染しやすい。

サザンカ(山茶花)

項目

内容

特徴

サザンカは、ツバキ科ツバキ属の常緑低木で、日本をはじめとする東アジア原産です。花は秋から冬にかけて咲き、花色は白から深紅まで様々です。葉は厚くて光沢があり、濃い緑色をしています。

開花の有無と時期

開花します。開花時期は秋から冬(10月から2月)です。

常緑か落葉か

常緑

果実の有無と時期

果実をつけます。果実は緑色で、秋に成熟します。観賞用ではない。

耐候性の有無と理由

耐候性があります。寒さに強く、日本の冬でも生育できます。ただし、強い寒波には弱いため、寒冷地では保護が必要です。

成長速度

成長速度は遅いです。

適した成育環境

日当たりの良い場所を好みますが、半日陰でも育ちます。

年間の剪定回数と時期

年に1回、花が終わった後の春(3月から4月)に剪定します。

耐病性と理由

病害虫には比較的強いですが、黒星病や葉斑病に感染することがあります。これらの病気は湿度が高いと発生しやすいため、通気性を良くすることが重要です。

ヒイラギ(柊)

項目

内容

特徴

ヒイラギは、常緑の低木で、葉は対生し、形は楕円形から卵形、先端はとがり、縁には鋭い鋸歯があります。葉の表面は光沢があり、濃い緑色をしています。

開花の有無と時期

開花します。開花時期は11月~12月に、小さな白い花を咲かせます。

常緑か落葉か

常緑

果実の有無と時期

果実はつきます。果実は初冬に赤い実をつける。観賞用としても好まれている。

耐候性の有無と理由

耐候性があります。寒さに強く、日本全国で育てることができます。

成長速度

成長速度は遅いとされています。

適した成育環境

日当たりの良い場所を好みますが、半日陰でも育ちます。

年間の剪定回数と時期

刈り込み可。剪定は年に1回、新芽が出る前の早春(2月から3月)に行います。

耐病性と理由

ヒイラギは比較的病害虫に強いとされていますが、根腐れ病に注意が必要です。水はけの悪い土壌や過湿により発生します。

花が咲く生垣でおすすめの樹木

キンモクセイ

項目

内容

特徴

モクセイ科の常緑広葉樹。樹皮はサイの皮に似る。葉は濃緑色で革質。

開花の有無と時期

開花あり。開花時期は9~10月。その年にできた葉の付け根にオレンジ色の小花を密生させる。

常緑か落葉か

常緑

果実の有無と時期

果実は見当たらない。日本には雄株しかないため、果実を見ることはほぼできない。

耐候性の有無と理由

寒さにやや弱い。乾燥、潮風、煙害に弱い。

成長速度

成長はやや早め。放置するとどんどん広がっていくので注意が必要。

適した成育環境

日陰でも育つが、花をより多く咲かせるには日向に植える必要がある。

年間の剪定回数と時期

刈り込み可。年1回の剪定でも問題はない。花が終わってから、秋ごろの剪定がよい。

耐病性と理由

病害虫に強い。ただし、空気が汚れていると花付きは悪くなる。

ドウダンツツジ

項目

内容

特徴

丈夫で害虫がつきにくい。花が咲いて紅葉も美しい。葉は菱形で新枝は赤みを帯びる。

開花の有無と時期

開花する。開花時期は4~5月。観賞用としても人気。

常緑か落葉か

落葉性

果実の有無と時期

果実ができるが、観賞用ではない。

耐候性の有無と理由

耐寒性、耐暑性があり、乾燥や病害虫にも強い。

成長速度

成長が緩やかで大きくなるまでに時間がかかる。

適した成育環境

日向が最適だが、半日陰程度でも耐えられる。

年間の剪定回数と時期

剪定は真夏を除けばいつでも可能。剪定をサボると下の方の枝がなくなりやすい。

耐病性と理由

病害虫に強い。

ブラシノキ

項目

内容

特徴

ブラシノキは、常緑の低木で、高さは1m程度。葉は対生し、長さは約5cm、幅は約2cmで、先端は尖っています。葉の表面は濃緑色で光沢があり、裏面は灰白色です。

開花の有無と時期

開花します。開花時期は5月から6月です。観賞用として人気。

常緑か落葉か

常緑

果実の有無と時期

果実をつけます。果実は長さ約1cmの楕円形で、初めは緑色ですが、熟すと黒色になります。果実の熟す時期は10月から11月です。観賞用としては向かない。

耐候性の有無と理由

耐候性があります。寒さに強く、日本全国で栽培できます。また、日陰にも強いです。

成長速度

成長速度はやや遅いです。

適した成育環境

日なたを好みます。花を咲かせたい場合は日なたに植栽し、水はけの良い状態にしておく。い陰でも育つが花付きが悪くなる。

年間の剪定回数と時期

刈り込み可ではあるが、基本的には間引いたり、切り戻し剪定がおすすめ。3月頃に剪定が可能だが、6月~7月頃の花が終わるころに行うと、翌年も花を多くつける。

耐病性と理由

耐病性は高い。

カラタネオガタマ

項目

内容

特徴

中国南部福建省及び広東省を原産とするモクレン科の常緑樹。日本へ渡来したのは江戸時代中期~明治初期で暖地の庭園や神社に植栽される。花には熟したバナナに似た香りがあり、英語ではバナナブッシュと呼ばれる。

開花の有無と時期

開花は5月~6月。花の直径は2~4センチほど。

常緑か落葉か

常緑樹。

果実の有無と時期

果実はモクレンやコブシに似ており、10~11月に熟すと自然に裂けて朱色の種子が顔を出す。

耐候性の有無と理由

寒さにやや弱く、特に冬の乾いた寒風を嫌う。地植えは関東以南の太平洋側が無難。

成長速度

成長は遅めで、樹形は自然に整いやすい。

適した成育環境

やや湿り気のある半日陰の場所が最適。日当たりの良い場所でもよく育つ。

年間の剪定回数と時期

年に一回程度は内部の混み入った枝葉を整理した方がよい。剪定時期は開花直後の6月。

耐病性と理由

風通しや採光が悪くなるとカイガラムシやテッポウムシが発生する。しかし、一般的には病害虫の被害は少ない。

チャイニーズホーリー

項目

内容

特徴

チャイニーズホーリーは、イヌツゲ科の常緑低木で、高さは1-2mになります。白い小花を咲かせますが、クリスマスの定番として使われる、赤い実が成ることでとても人気です。

開花の有無と時期

春に小花を咲かせます。

常緑か落葉か

常緑

果実の有無と時期

秋もしくは冬に赤い実をつけます。

耐候性の有無と理由

耐寒性があり、寒さに強いです。しかし、強い日差しは苦手なので、半日陰の場所が適しています。

成長速度

成長速度はやや遅いです。

適した成育環境

半日陰の場所が適しています。また、水はけの良い土壌を好みます。

年間の剪定回数と時期

年に1回、春に剪定を行います。

耐病性と理由

病気に強い。

ユキヤナギ

カテゴリ

詳細

特徴

ユキヤナギは、落葉高木で、高さは10m程度に成長します。冬季に白い花を咲かせることからユキヤナギ(雪柳)と呼ばれます。

開花の有無と時期

開花します。開花時期は3月から4月にかけて白い花を咲かせます。

常緑か落葉か

落葉低木です。

耐候性の有無と理由

耐寒性は強く、寒い場所でも育つ。

成長速度

成長速度は速い

適した成育環境

ユキヤナギは日当たりの良い場所を好みます。半日陰でも、ある程度花は咲く。

年間の剪定回数と時期

刈り込み可。剪定は、花が終わった春に行います。剪定により、より多くの花を咲かせることができます。

耐病性と理由

病気には強いが、うどんこ病やカイガラムシには注意が必要。

ハーブ系の植物 ローズマリー(木立性)

カテゴリ

詳細

特徴

ローズマリーは、乾燥した岩場の地中海地域原産の香りの良いハーブで、装飾的、薬用、料理用、そして視覚的な庭の魅力のために一般的に栽培されています。

開花の有無と時期

開花します。開花時期は10月~5月にかけてで、花色は主に青から紫ですが、ピンクや白の花を咲かせる品種もあります。

常緑か落葉か

常緑

耐候性の有無と理由

ローズマリーは耐候性があり、乾燥に強く、塩分にも耐性があります。しかし、非常に寒冷な気候には弱いため、冬季には屋内に移動することを検討する必要があります。

成長速度

成長速度は中程度です。

適した成育環境

ローズマリーは、日当たりの良い場所と、水はけの良い土壌を好みます。半日陰でも育つ。

年間の剪定回数と時期

定期的に剪定することで、茂みを形成し、長くなりすぎるのを防ぎ、新しい葉の成長を促します。剪定は春に行うことが一般的です。

耐病性と理由

ローズマリーは比較的病害虫に強い植物ですが、乾燥した暑い状況ではスパイダーマイト、湿度の高い環境ではうどん粉病が発生する可能性があります。

隣の家の目隠しとしても使える人気の植木!洋風の植栽もご紹介

オリーブ

項目

詳細

特徴

オリーブの木は、特に高温と日照が豊富な地域に適しています。銀色の葉を持ち、他の植物との組み合わせにも美しく映えます。また、オリーブの実はオイルを抽出するためにプレスされたり、塩漬けにして食べられたりします。

開花の有無と時期

開花します。5月~6月上旬に開花する。鑑賞用ではない。

常緑か落葉か

常緑です。

果実の有無と時期

果実(オリーブ)をつけます。オリーブの木は約3年で成熟し、顕著な量の果実をつけ始めます。

耐候性の有無と理由

耐候性があります。特に、暑く乾燥した地域でよく育ちます。耐寒性もあり、寒さにも耐える。

成長速度

成長速度は速い。

適した成育環境

オリーブの木は、よく排水された土壌と日当たりの良い場所を好みます。日当たりの悪い場所でも育つが、日当たりの良い場所の方が良く育つ。

年間の剪定回数と時期

年1回、冬に剪定するとよい。強剪定は2月か3月、間引く剪定は3月か4月に行うとよい。

耐病性と理由

耐病性も優れていて育てやすい。

エゴノキ

項目

内容

特徴

日本や中国、朝鮮半島の山野や庭園などに見られる落葉高木。春先に花が咲く。葉が小さいので、コじゃれたお庭にしたい方はおすすめ。

開花の有無と時期

開花あり。開花期は5月ごろ。直径2~2.5cm程度の小さな白い花を枝から下げるように咲かせる。

常緑か落葉か

落葉高木

果実の有無と時期

果実あり。秋に実る。実の皮が有毒で、食べると「えぐい」ことからエゴノキと名がつきました。

耐候性の有無と理由

耐候性あり。適地に植えれば丈夫です。ただし、乾燥は苦手なので、西日の強いところで管理したりすると、葉が乾燥して反り返ったりすることもあります。

成長速度

成長速度は速い

適した成育環境

日光を好みます。とはいえ、半日陰程度なら、難なく十分に育つことができます。ただし、日光に当てるのと当てないのとでは、花の付き方も大きく変わってくるので、きれいな花を咲かせたい人は、できるかぎり日光の当たる場所で育てることをおすすめします。

年間の剪定回数と時期

11月~12月か2~3月が適期です。横に枝をはる自然な樹形が楽しめる樹木なので、不要な枝だけを間引く程度の剪定でかまいません。伸びすぎている枝や上下に向いている枝、混み合っている枝を付け根から切り取っていきましょう。

耐病性と理由

耐病性は強いと言われていますが、害虫の被害に合う可能性も高いので、消毒を行い、害虫が寄り付かないようにしておくと、元気に育つ。

ハイノキ

項目

内容

特徴

ハイノキは、カキノ目ハイノキ科ハイノキ属の常緑樹で、さらさらっとした小さな葉っぱがが涼しさを演出します。

開花の有無と時期

開花します。開花時期は春(4月から5月)す。

常緑か落葉か

常緑

果実の有無と時期

果実は球形で、秋(9月から10月)に熟します。

耐候性の有無と理由

耐寒性はやや弱い。霜に当たると傷む。原産地が近畿地方より西側の温かい地方の暖地に生える気なので、暖地での植栽が向いている。

成長速度

成長速度は遅い。

適した成育環境

基本的には、半日陰で植える事がベスト。日なたでも育つが、葉つきが悪くなったり、葉っぱが黄色くなる事もある。

年間の剪定回数と時期

年に1回、新芽が出る前の早春に剪定します。

耐病性と理由

ハイノキは比較的、病害虫に強いとされています。

ソヨゴ

項目

内容

特徴

関東地方以西の本州、四国、九州を原産とするモチノキ科の常緑樹。成長速度も遅く、初心者でも手入れが楽な植木。

開花の有無と時期

あり。6~7月頃に小さな目立たない花を咲かせる。

常緑か落葉か

常緑

果実の有無と時期

あり。ただしソヨゴには雄と雌があり、雌株のみ実が成る。雌花の後に直径5mmほどの果実ができ、10~11月に赤から黒に熟す。

耐候性の有無と理由

寒さには比較的強いが、関東地方でも環境が悪いと葉が貧弱になる。

成長速度

成長は遅い。

適した成育環境

日当たりを好むが、強い日差しは苦手で、特に夏の西日を嫌う。半日陰地で育てた方が葉色はよくなる。

年間の剪定回数と時期

剪定にやや弱い。2月頃の剪定がおすすめ。剪定には弱いが、成長速度が遅いので、それほど剪定をする必要がなり。しばらく放置して、枝葉が混み入ってきたら、透かし剪定や間引く剪定を行う。

耐病性と理由

病害虫には比較的強い。

初心者でも簡単!生垣の作り方

続いて、生け垣を自分で作ってみたいという人のために、初心者でも簡単にできる生垣の作り方についてお伝えします。

ステップ1:適切な植物の選択

生垣に使用する植物を選びます。生垣に適した植物は、成長が早く、剪定に耐え、病気や害虫に強いものが良いとされています。

また、季節や風土によっても適した植物は変わるため、専門家に相談することもおすすめです。

ステップ2:植える位置の決定

生垣を植える位置を決定します。生垣はプライバシーを保つため、または風を遮るために使用されるため、その目的に応じて位置を決定します。

また、植物が十分に成長できるように、日当たりや風通しの良い場所を選ぶことが重要です。

ステップ3:支柱等の設置

植える位置が決まったら、支柱をサイドに立てます。両サイドの支柱に紐(シュロ縄)を括り付けます。

シュロ縄は上下に2本ほど通せばOKです。これにより、植木が一直線に並ぶ事と、前後左右に倒れないようにすることができます。

ステップ4:植え穴の準備と土の下準備

植える位置が決まったら、植え穴を掘ります。

植え穴は植物の根の大きさに合わせて掘り、底には腐葉土等を入れて土と混ぜ、元肥にします。必要であれば、ビートモスや砕石などを敷いて排水性を良くします。

ステップ5:植物の植え付け

植え穴に植物を植え、しっかりと土を戻します。このとき、植物が倒れないように支柱で支えることもあります。

ステップ6:水やり

植え付けた後は、十分に水を与えます。特に初めての数週間は、植物が新しい環境に適応するまで、定期的に水を与えることが重要です。

ステップ7:定期的なメンテナンス

生垣は定期的なメンテナンスが必要です。剪定を行って形を整えたり、病気や害虫の予防を行ったりします。また、肥料を与えて植物の成長を助けることもあります。

生垣の簡単な剪定方法

Step 1:剪定のタイミングを決める

剪定の最適なタイミングは植物の種類によりますが、一般的には春(新芽が出る前)や秋(成長が落ち着いた後)が適しています。

Step 2:剪定ツールを準備する

剪定は専用のツールを使用します。基本的には生垣は刈り込みでの剪定が多いため、刈り込みハサミや生垣バリカンなどで剪定すると、楽に素早く作業を終える事が出来ます。

生垣の高さや厚みによって適切なツールを選びましょう。例えば、ハサミ型や電動の生垣バリカンなどがあります。

Step 3:剪定の目安を決める

生垣の剪定では、下部を広く、上部を狭くする「台形」を目指します。これは、下部の葉が日光を十分に受けられるようにするためです。

Step 4:剪定を始める

剪定は下部から始め、徐々に上部へと進めていきます。剪定は一気に大量に行うのではなく、少しずつ行うことが大切です。

Step 5:剪定後のケア

剪定後は、剪定した部分が乾燥しないように注意しましょう。また、剪定後に肥料を与えると、生垣の成長を助けることができます。

以上が生垣の剪定方法の基本的なステップです。ただし、植物の種類や状態により適切な剪定方法は変わるため、具体的な作業を始める前には専門家の意見を求めることをお勧めします。

手入れが必要?楽になる生垣のお手入れ方法

ポイント1:刈り込みが出来る植木を植える

生垣のお手入れを楽にするためには、刈り込みが可能な植木を選んで植えることが大切です。

例えば、ツゲやヒイラギなどの常緑樹は、形を整えやすく、刈り込みに適しています。

これらの植木は、成長が比較的遅く、刈り込みを頻繁に行う必要がないため、お手入れが楽になります。

結論として、生垣のお手入れを楽にするためには、刈り込みが可能で、成長が遅い植木を選ぶことがおすすめです。

ポイント2:成長の遅い植木を植える

生垣のお手入れを楽にするためには、成長の遅い植木を選んで植えることがおすすめです。

理由は、成長が遅い植木は、頻繁に剪定する必要がなく、その結果、お手入れが楽になるからです。

例えば、ツゲやヒイラギなどの常緑樹は、成長が比較的遅く、刈り込みを頻繁に行う必要がないため、お手入れが楽になります。

結論として、生垣のお手入れを楽にするためには、成長が遅い植木を選ぶことがおすすめです。これにより、生垣のメンテナンスが簡単になり、美しい庭を維持することができます。

ポイント3:電気バリカンを使用する

生垣のお手入れを楽にするためには、電気バリカンを使用することがおすすめです。

理由は、電気バリカンを使用することで、手作業での剪定に比べて労力を大幅に減らすことができ、また、均一に刈り込むことが容易になるからです。

例えば、大きな生垣を均一に刈り込む作業は、手作業では時間も労力もかかりますが、電気バリカンを使用すれば、その作業を効率的に、そして短時間で行うことができます。

結論として、生垣のお手入れを楽にするためには、電気バリカンを使用することがおすすめです。これにより、生垣のメンテナンスが簡単になり、美しい庭を維持することができます。

ポイント4:秋ごろに刈り込む

生垣のお手入れを楽にするためには、秋ごろに刈り込むことがおすすめです。

理由は、秋になると植物の成長が遅くなり、その結果、次に刈り込むまでの間隔を長くすることができるからです。

例えば、春に刈り込むと、その後の成長期に急速に生長してしまい、頻繁に手入れが必要になります。

しかし、秋に刈り込むと、冬の間は成長が遅く、春まで刈り込む必要がなくなります。

結論として、生垣のお手入れを楽にするためには、秋ごろに刈り込むことがおすすめです。これにより、手間を減らし、生垣の管理がより簡単になります。

ポイント5:消毒を行う

生垣のお手入れを楽にするためには、定期的に消毒を行うことが大切です。理由は、消毒を行うことで病気や害虫の発生を抑え、生垣の健康を保つことができるからです。

例えば、剪定後の傷口は病気や害虫の侵入口となりやすいのですが、消毒を行うことでこれらのリスクを減らすことができます。

また、定期的に消毒を行うことで、早期に病気や害虫を発見し、対処することも可能になります。

結論として、生垣のお手入れを楽にするためには、定期的な消毒が重要です。これにより、生垣の健康を保ち、長期的に見て手入れの手間を減らすことができますよ。

奈良県在住の方限定
西原造園の
毎月5名限定の無料相談

この無料相談のメリットは,,,

西原造園独自の「カウンセリング」があるので、話を聞いてもらえる

3D CADを使って完成予想図を絵にしてもらえる

3種類のプランをご提案するので、予算に合わせやすい

家族経営なので、会社組織と違って融通が利きやすい

もちろんお見積もりも無料

無料相談の詳細はこちら

無料相談は毎月5名限定 見積もり無料

今月はあと0(満員御礼)名

受付時間 年中無休 TEL:9:00~19:30 メール:24時間

※建築・不動産関係の業者様へ。 大変恐縮ですが、建築・不動産業者様からの、下請け・ご紹介等はお受けしておりませんので、他社様にご連絡頂くようお願いします。

Call:0743-53-8986
下のTEL番号を押すと電話がつながります↓↓ Call:0743-53-8986
【折り返しのお電話は携帯電話から】おかけ致しますのでご了承ください。

奈良県在住の方限定
メールでのお問合せはこちら

メール:受付時間 年中無休 24時間

無料相談 受付・対応可能エリア
奈良県:北・中部
京都府:精華町、木津川市
その他の都道府県(大阪府など)は、無料相談の受付・対応の対象外となっていますのでご了承ください。

ABOUT US
西原 智
西原造園の代表で職人歴10年の現役の造園・庭・外構の職人。施工実績300件以上。施主様の生活背景や状況を理解し外構・造園・エクステリアプランを作成するのが得意。父は一級造園技能士、母は一級造園施工管理技士。仕える事と書いた仕事ではなく、志す事と書いた「志事」をするがモットー。