車庫を増設して駐禁を取られないようにする方法

SANYO DIGITAL CAMERA

 

SANYO DIGITAL CAMERA

外構リフォーム前に、抱えられていたお悩み

≪奈良 大和郡山市 矢田町 T様邸≫

今回ご紹介させていただくのは、奈良の大和郡山市にお住いの、T様です。T様の抱えていたお悩みは、「社会人になられるお孫さんと一緒に暮らす予定で、 通勤の車を止めておく所が必要になったけど、最近駐禁の取締が厳しくなったので、車庫を増設したい」と言う事でした。

さらにご主人は、「も~歳やから、 脚立に乗ってカイヅカ伊吹の生垣の剪定を 自分でするのも危ないやろ? 掃除も大変やからこの生垣も 撤去してフェンスにしたい」とおっしゃっていました。

T様邸周辺では、もう10件以上ご依頼を頂いていますが、みなさん「駐禁の取締が随分きびしくなった」 と口をそろえておっしゃいます。「ほんのちょっと車を家の前に置いてただけなのに、すぐ駐禁を貼られて何万円もムダに払うなんて苦痛やわ。」と感じられる方が非常に多いようです。

お悩みを解決すべく、工事を開始!施工後、ご主人様は「ホームページを見たけど、あそこに書いてあるお客様の声は、ホンマやったわ。丁寧な作業やったから何も口を出す必要もなかったわ」とおっしゃって下さいました。

今回の外構工事のポイント

ポイント1

SANY0163-300x224

強度を高めるメッシュ筋で、耐久性UP。
コンクリートの亀裂も防止するので車のタイヤを傷める心配もありません。

今回は、お庭の一部を使って、車庫を増設する工事を行いました。ここでのポイントはコンクリートの打ち方です。

車庫が広い場合、コンクリートを一気に打ってしまうと、右面をやっている間に左面が乾き始めたりして、水勾配や仕上がりがイビツになってしまいます。水勾配をちゃんととることで、雨水も車庫にたまりません。車からの入り降りもスムーズに行えます。

写真は、コンクリートを打つ寸前の状態で、強度を高めるメッシュ筋という鉄筋が入っています。鉄筋が入る事で、車の重さにもコンクリートが 耐えられるようになります。コンクリートの亀裂も防げるので、車のタイヤを傷める心配もありません。

ポイント2

SANY0269-300x224

リモコン式のオーバードアで開閉がラクラク!

t_ap

雨の日も、車を降りずに扉の開け閉めができて、濡れずにすみます!

あなたは、毎日いったん車から出て、ドアやシャッターを開け閉めするのは 大変だと感じた事はないですか?

ポイントの2つ目は、車庫にオーバードアを取り付けたことです。このオーバードアは優れもので、 雨の日いちいち車から降りなくても、リモコンひとつで、車庫のドアを開閉できます。濡れなくてすみますね!

ポイント3

SANY0141-300x224

ガス管や配管に気を付けて慎重に手作業で掘削します

ポイントの3つ目は、周囲の環境に気を付ける事です。T様邸では、お庭の一部分だけ車庫にするために、色々なモノを残す事になりました。例えば、植木や、石垣や、配管やガス管など。中でも一番シビアなのがガス管です。ガス管を傷つけてしまうと大変な事になるのは想像に難くないでしょう。

なので、重機を使うときも丁寧に、慎重に行います。また、ガス管や、汚水などの配管の位置にも要注意です。配管のもともとの埋め込みが浅いとはいえ、むき出しになってしまっては元も子もありません。

そんな時は、ガレージ シャッターの高さを上げるなどの対処法を考えます。現場の状況にもよりますが(>_<) そして、僕達は変更があった場合、必ずお客様に事情と解決策をお伝えするようにしています。そしてご納得頂いてから施工しています。

【お客様の声】

再生ボタンを押してください。T様の生の声を頂きました。

スポンサーリンク

無料相談