庭でバーベキューをする時の6つの対策。目隠しや無煙コンロなど

バーベキュー

自宅の庭でバーベキューをしたいけど、ご近所に迷惑をかけないか心配、と考えていませんか?

また、煙を出さない無煙コンロを使ってみたいけどどのようなものなんだろう?という方もおられる事かと思います。

どうすればご近所に迷惑をかけずに自宅でバーベキューを楽しむことができるのか?

そこで今回は、バーベキューをしたいけどご近所に配慮するにはどうしたらいいのかについてお伝えします。

スポンサーリンク

庭で行うバーベキューの問題点とは?

住宅街のバーベキューは騒音問題がありますよね?なぜ騒音問題が起こるのか?

その理由は大人数が集まると声が大きくなりがちですし、お酒が入っていれば気が大きくなって騒いでしまう原因にもなります。

また、子どもが集まれば大きな声で騒いでしまうことも多いです。本人たちはそれほど大きい音を出しているつもりがなくても、普段静かな住宅地であれば想像以上に声は響いてしまいます。

また、バーベキューをすると煙が出ます。この煙もトラブルの原因になります。

風向きによっては洗濯物ににおいがついてしまうので、干せなくなってしまいます。においがついてしまったらまた洗濯をし直さないといけなくなると2度手間です。

こうしたトラブルが起こってもこれからも付き合いのあるご近所さんと思うとなかなか言い出すこともできずにもやもやが溜まってしまいます。

そうしたストレスが大きなトラブルに発展してしまうこともあります。ではどのような対策をすればいいのでしょうか?

次に、庭でバーベキューをする時に迷惑をかけないための7つの対策をお伝えします。

庭のバーベキュー対策1 目隠しにもなる「防音フェンス」を取り付ける

防音フェンスとは騒音を軽減して快適な住環境を提供するフェンスです。

隣の家との境界場所に設置することで効果を発揮します。

防音フェンスは内側からの騒音を吸音するだけでなく、外側からの音も軽減するので道路からの音を軽減します。

防音効果だけでなく、プライバシーを保護したり防犯面でも効果があります。初期費用はかかりますが、毎年バーベキューを行うことを考えればとても役に立ちます。

庭のバーベキュー対策2 サンルーム(ガーデンルーム)でバーベキューを行う

屋外ではなくサンルームでバーベキューを行うことでご近所に気兼ねなく楽しむことができます。

また、サンルームであれば天気に関係なくできるので、せっかく準備したのに雨で中止…なんてこともないので安心です。

外の景色を見ながらゆっくりご飯を食べたりお話しできるというメリットがあります。

ただし、サンルームでバーベキューを行う際には注意点もあります。屋内なので煙が部屋中に蔓延したり油がガラスについてベトベトになる可能性があります。

また、においが充満するので何日かは洗濯物を干す、という用途では使用できなくなる可能性があります。

対策として、窓を開けて換気をしっかりする、換気扇をつける、無煙コンロを使用する等があります。

庭のバーベキュー対策3 無煙コンロを使う

煙の出にくい無煙コンロを使うことで周囲へ煙が蔓延することを防ぐことができます。

お手入れも簡単なものもあるので、バーベキュー初心者の方でも気軽に使用することができます。

煙を出さずに、遠赤外線で火を通す商品もあり本格的なバーベキューを楽しむことができます。

庭のバーベキュー対策4 普段からコミュニケーションをとっておく

庭でバーベキューをする前に、普段からご近所付き合いをして良い人間関係を作っておくことが大切です。

あまり知らない近所の人と、普段から挨拶などして言葉を交わしている近所の人ではバーベキューをやるにしても印象が違います。

普段から周囲の方たちと仲良くしておくことがトラブルを防ぐのに役立ちます。

スポンサーリンク

庭のバーベキュー対策5 事前に挨拶をしておく

いきなりバーベキューを近所でやられてはあまりいい気分がしない方も中にはいます。

事前に近所の人へ「○日にバーベキューをやるのですみませんがよろしくお願いします。」と一声掛けるだけで相手に対する印象は変わってくると思います。

ご不在でご挨拶ができない場合は、お手紙などでお知らせしておくとよいでしょう。

お手紙を書くときは、メモ帳に走り書きするのではなく、可愛らしい便箋に手書で書いて、ポストに入れておくと、印象も良くなります。

庭のバーベキュー対策6 午前には始めて午後には終わらす

午前中から始めて早めに終わらすことで、夜遅くに騒いでトラブルになることを防ぐことができます。

また、時間帯を近所の方へあらかじめ伝えておくことでトラブルを防ぎます。

日中はご近所様もお出掛けさせる可能性もありますので、庭でバーベキューをしやすいです。

反対に晩になると、お食事をされたりなど自宅でくつろがれる方が多いので、騒音などで近隣トラブルになる可能性があります。

また、21時や22時以降を超えると、就寝される方もおられます。近隣トラブルを避けるためにも、夜分まで庭でバーベキューを行うのは控えましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回バーベキューとその注意点についてお話しました。

ご近所迷惑にならずにバーベキューを楽しむには、まずは防音フェンスや無煙コンロを使う等の対策をしましょうという事です。

そして次に、普段から近所の方とコミュニケーションをとっておいたり、事前に挨拶をしておく事が大切です。

そうする事で、近所の方とトラブルにならずに楽しくバーベキューを行うことができます。

楽しくバーベキューしたい方は、是非試してみて下さいね。今回の記事を参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク