防草シートを敷く前に知っておきたい、メリットとデメリットとは?

破れた防草シート

atusiこんにちは。奈良の外構・エクステリア・造園(庭)のリフォーム専門店 にしはら造園の現場主任の宮原圧志です。

前回は、雑草の解決策として、砂利を撒くという方法をお伝えしました。

砂利だと、生えてくる可能性が高いという事もお伝えしましたね。

 そこで、今回はより効果が高い方法の、防草シートについて、お話しようと思います。

スポンサーリンク

防草シートを敷く前に知っておきたい、メリットとデメリットとは?

雑草を生えてこなくする方法として、2つ目の方法は防草シートを敷くという方法です。

 防草シートとはいったい何かというと、日光を遮断する事により雑草を生えてこなくさせるシートの事です。

 雑草の光合成を阻止するという意味では、ジャリと一緒ですね。 防草シートは、ホームセンターでも簡単に入手でき、シートを敷くだけで雑草の成長を抑制する事ができます。

 薬剤も入っていないので、除草剤のような人体に影響を及ぼす心配もありません。

 こういうと、「それっやったらただのシートでもいいんちゃうん?」と思われる方もいるかもしれませんね。実は普通のシートと、防草シートには大きな違いがあります。

 それは何かというと、ビニールシートと防草シートの大きな違いは、水を浸透させることができるかどうかです。

 ビニールシートは水を通すことができません。防草シートは水をスッと通してしまいます。

 簡単に言うと、ビニールシートは水溜りができ、防草シートは水はけが良いので、水溜りができる心配はないと言う事です。

 防草効果も高く、雑草対策では最もポピュラーで人気があります。反面、紫外線にとても弱いので、野ざらしにしていると、すぐに劣化してしまいます。

 ホームセンターでお安く、簡単に手に入れることは可能ですが、市販されているものは特に弱く、シートの縫い目が粗いのですぐに破けてきます。 

縫い目が荒いシートだと、雑草はわずかな隙間を縫ってシートを突き破って出てくることもあります。

 さらにただシートを敷くだけだと、見た目が悪く、なんだか陰気くさいお庭になってしまいます。

 防草シートの劣化を防ぐには、紫外線をシートにあてないようにすれば効果的です。その方法として、シートの上に砂利をまくという方法があります。

 こうする事により、紫外線がシートにあたるのを防ぎ、さらに砂利と防草シートとの相乗効果で雑草はさらに生にくくなり、見た目も穏やかになります。

スポンサーリンク

反面、縫い目の粗いシートだと、砂利の上を歩くことで、砂利がシートを傷つけ、破れてくることがります。

なので、シート選びが重要なポイントとなってきます。

また、シートを敷いて砂利を撒いたにも関わらず、雑草があまり減っていないという事も起きてきます。

その一番の原因は、生垣や植木の土が雨でシートの上に流れ混んできて、そのわずかな土から雑草が生えて来るというパターンです。

この場合の対処法は、花壇を作ったり、シートと植木との敷居をつくり、土が流れてこないようにすることです。

そうすることで、より防草効果も高まります。

以上が、防草シートのメリットデメリットです。次回は、解決策3の「固まる土」についてお話します。楽しみにお待ちください(^○^)

奈良のにしはら造園
現場主任 宮原圧志

スポンサーリンク