庭の雑草が生えないようにする方法『効果が低い対策と高い対策とは?』

お庭の管理を楽にして、自分時間を奪われないお庭を造る、奈良県の造園業者、西原造園の宮原圧志がお送りします。

この記事をご覧頂いているという事は、あなたもきっとお庭の雑草に人一倍悩まれていることかと思います。

そんな時、ネットで検索していると、様々な方法が紹介されていますよね。私達西原造園も様々な方法を試してきました。

その中で、調べてみると一見どれも良い事が書いてありますが、実は効果が低い雑草対策と、低い雑草対策があります。

そこで今回は、庭の雑草が生えないようにする方法について、「効果が低い対策と高い対策」を分けてご紹介いたします。それでは行きましょう。

庭の雑草が生えないようにする方法『効果が低い対策』

まず最初に、庭の雑草が生えないようにする方法で「効果の低い方法」からお伝えします。

その前に、ここでいう「効果が低い」というものの定義として、雑草が枯れるかどうかではなく、「効果が一時的な物」という定義でお伝えさせて頂きます。

というのは、あなたの目的は「雑草を枯らす事」ではなく、「そもそも草取りをすること自体がしんどいからどうにかしたい」という事が目的ですよね?

つまり、雑草を枯らすことが出来ても、結局また生えてきたら一生草取りに頭を悩ませないといけないですよね。

そういう意味で、ここで言う効果低いというのは、「効果が一時的で、結局しんどい思いは続く」ような方法を、効果が低い方法として取り上げます。

草取り・鎌を使う

草刈りする人

いわずもがな、手で雑草を引き抜く草取りや、鎌を使って雑草を刈りとる方法です。

ご経験されている通り、腰は痛める、時間がかかる、広い庭だとやってられない。半面、コストは最もかかりません。

とはいえ、雑草の草取りをしても2週間もすればまた、やらないといけませ。

効果は薄く持続性もないので、雑草対策としては最も効果が低い方法です。

草刈り機・刈払い機

草刈り機

こちらは、草刈り機(刈払い機)を使って、草刈を行う方法です。

手で行う草取りの次にオーソドックスで、一薙ぎで多くの草を刈ることができます。手で行う事に比べると、草刈り作業のスピードが格段に速く終われます。

とはいえ、草刈り機は刃物なので大怪我をする恐れもあります。特にエンジンの草刈り機は使い慣れていないと、非常に危険です。

プロでも、草刈り機で足や手を切ってしまって、救急車を呼ぶほどの事故になってしまったなんてこともあるので、素人の使用はお勧めできません。

最近では電動で比較的安全な草刈り機も登場していますので、エンジン草刈り機よりも電動の草刈り機がおすすめです。

とはいえ、雑草対策として効果のほどはいうと、ご想像の通り正直期待できません。

なぜなら、伸びた草を刈り取るだけなので、刈り取る時期にもよりますが、早ければ2週間もすれば髪の毛のようにまた雑草が生えてきます。

「えー!この間くさかりやったばかりなのに!」と驚くほどのスピードでまた雑草が生え茂ってきます。

そのため庭の雑草が生えないようにする方法としては、草取りや鎌と同様、効果が低いです。

熱湯をかける

次に、雑草に熱湯をかける方法です。こちらの方法は、youtubeやほかのサイトでも紹介されている通り、文字通り熱湯を雑草にかける方法です。

この方法は雑草を枯らす効果としては、あるにはあります。しかし、現実的な方法とはいえません。

なぜなら、

  • 根まで枯らせない
  • 大量のお湯が必要になる
  • 時間がかかる
  • やけどの恐れがある

などなど、デメリットが多いからです。

また、根まで枯らすことは困難な事と、草刈同様、しばらくすれば雑草はまた生えてきます。そのようなことから、雑草対策としては効果が低い方法です。

熱湯で雑草を処理する方法に関しては次の記事をご覧ください。

除草剤

次に、庭の雑草が生えないようにする方法で効果が低いのは「除草剤」です。

「え?除草剤って効果がないの?」と思われたかもしれませんっが、雑草を枯らすという意味では効果は抜群に良いです。

ですが、除草剤を撒いても、雑草はまた来年生えてきます。毎年毎年、除草剤を撒き続けないといけないというわけですね。

そういった意味では、効果が一時的で、また生えきます。

とはいえ、草刈りや草取りを行うよりは、まだ効果はあります。

特に、笹や竹、スギナやチガヤなどの地下茎の雑草などを枯らす場合は、根まで枯らす除草剤を使うと効果的です。

後ほどお伝えする、「効果が高い」庭の雑草が生えないようにする方法と同時に行う事で、除草剤は強い味方になります。

ここでは、あくまで除草剤単独で使用した場合の効果としては、雑草はまた翌年生えてくると理解してください。

砂利を敷く

続いて、砂利を撒いて雑草対策をする方法です。

雑草は光合成をして成長するので、砂利をまけば光合成ができなくなるのでは?と考える方も多いです。また、砂利は土ではないので生えてきにくいだろうと考える人も多いです。

残念ながら、砂利をただ撒いただけでは、雑草はまた生えてきます。

というのは、砂利があるとはいえ、砂利の下が土だと、砂利の隙間を縫って雑草が生えてくるからです。

また、雨が降ると土が雨で浮いてきて砂利を覆ってしまいます。さらに通路に砂利をまくと、踏みしめられて砂利がだんだんと土に埋もれいったり、歩くたびに砂利が横に移っていって土がむき出しになる場合もあります。

草刈りに比べると、効果はあるといえますが、庭の雑草が生えないようにするという意味では、効果は低いです。

雑草対策で砂利を敷くメリットとデメリットについては、次の記事を参考にしてください。

グランドカバー

次にグランドカバーでの雑草についてです。

グランドカバーとは、地面を這うように成長していく植物の事で、芝生やクローバー、クラピア(イワダレソウ)などが有名です。

緑を残しながら、雑草対策ができるので、景観を大切にしたい人にとっては、砂利を敷くよりも良いでしょう。

また、グランドカバーの効果として「繁殖力の強いグランドカバーだと雑草の繁殖を抑えることができる」という事がよく言われています。

とはいえ、その繁殖力の強さ故、雑草は抑えられてもグランドカバー自体の管理が必要になってきます。特にクラピア(イワダレソウ)は、繁殖力が強く、放っておくと道路まで伸びていくので、定期的なメンテナンスが必要です。

庭の雑草が生えにくくなるとはいえ、今度はグランドカバーを定期的に管理しないといけないので、そういった意味では、庭の雑草が生えないようにする方法としては効果は低いと言えます。

塩を撒く

塩

つづいて、塩を庭に撒いて雑草対策をする方法です。

こちらの方法は、お勧めできません。というのは、塩で雑草を枯らす効果はありますが、塩で雑草対策を行うには庭中に塩をまかないといけません。

すると塩害が起こる可能性があります。塩害を起こすと、最悪の場合、住宅の塗装の劣化や金属部分の腐食などの被害を与える事があります。

また、庭だから大丈夫だろうと思って撒いたら、お隣にまで影響がでてしまいトラブルになるという事もあります。

そんなことから、塩で雑草対策を行うのは現実的な方法でないので、お勧めできません。

織布の防草シートを敷く

つづいて、防草シートでの雑草対策ですが、そもそも防草シートというのは、雑草の光合成を防ぐことにより雑草が成長できないようにするという原理で作られています。

シート状なので広範囲に使うことができますし、細い場所や狭い場所も、シートを切って使うことができるため、様々な形状のお庭の雑草対策として使えます。

そのようなこともあり防草シートは雑草対策としては非常に優れています。

防草シートについてはこちらの記事をご覧ください。

そんな防草シートですが、実は効果が高い防草シートと、効果の低い防草シートがあります。

なかでも、効果の低い防草シートというのは、織布の防草シートです。

先ほどお伝えした通り、雑草の光合成を防ぐことにより雑草雑草が成長できないようにするという原理で作られています。

ところが、織布の防草シートというのは、シート自体が編み込んでできています。この網目から光が入り、雑草が生えてきてしまいます。

また、ホームセンターなどに売られている防草シートは、安価ではあるものの、紫外線に弱く、すぐに劣化してして破れてしまいます。破れたところが土がむき出しになり、また雑草が生えてきます。

そういった意味で、庭の雑草が生えないようにする方法としては効果が低い方法です。

反対に、効果の高い防草シートもあるので、それについては後ほどお伝えしますね。

ウッドデッキにする

ウッドデッキから雑草

つづいて、ウッドデッキの効果です。

ウッドデッキにすると雑草対策としての効果はどうかというと、あるにはあるけど厄介です。

どういう事かというと、ウッドデッキで地面に影ができるので光合成を妨げるので雑草が生えないのでは?と思われがちですが、実際のところウッドデッキの下から雑草は生えてきます。

こちらの写真をご覧の通り、ウッドデッキのこの細い隙間から雑草が生えてくるわけです。

また、この雑草を綺麗に取ろうと思うと、ウッドデッキの下を這いながら草取りをするか、ウッドデッキを解体しないといけません。

なので、雑草対策としてウッドデッキを考えるのは正直現実的な方法ではありません。

ウッドデッキをつけるにしても、ウッドデッキの下はきちんと雑草対策をしておいた方が良いです。

そんなことから、ウッドデッキでの雑草対策は、庭の雑草が生えないようにする方法としては効果が低い方法としてお伝えしておきます。

庭の雑草が生えないようにする方法『効果の高い対策』

これまでに、庭の雑草が生えないようにする方法で「効果の低い方法」についてお伝えしてきました。

効果の低い方法の定義として、「効果が一時的で、結局しんどい思いは続く」としていましたが、効果の高い方法はその反対で、「効果が持続的で、庭の管理が楽になる」方法についてお伝えさせて頂きます。

「おいおい、宮原さん。そんな都合の良い方法本当にあるのかよ?」と思っているかもしれませんが、これからお伝えする方法は100%雑草が生えてこなくなるわけではないですが、庭の管理は圧倒的に楽になります。

どんな方法かというと

  • 不織布の防草シート+砂利
  • 不織布の防草シート+人工芝
  • コンクリート
  • 固まる土
  • レンガのインターロッキングにする
  • タイル・コンクリート平板・石貼りなどにする

などです。それぞれ具体的に見ていきましょう。

「不織布の防草シート」に「砂利」を敷く

雑草が生えないようにする方法で効果が高い方法の1つ目は、不織布の防草シートの上に砂利を敷く方法です。

防草シートには、織布と不織布があります。織布と不織布の防草シートの違いについては次の記事をご覧ください。

上の記事のように、織布の防草シートよりも不織布の防草シートの方が、劣化しにくく耐用年数も長い事が特徴です。

また、不織布の防草シートの上に砂利を乗せることで、半永久的に防草シートが使えます。

要するに、防草シートだけを敷くのではなく、防草シートの上に砂利を撒くことで、防草シートの劣化を防ぐわけです。

とはいえ、砂利ならば何でも良いわけではありません。泥が付いてる砂利の場合、泥が防草シートの上にたまりそこから雑草が生えてきます。

弊社が工事をしたお客様でも、雑草が100%生えてこなくなるわけではないですが、草取りをしなくて良くなったというお客様が大半です。

防草シートの上に砂利を撒くと、広範囲の雑草対策ができ、効果も持続性が高く草取りに悩まされなくてすむので、雑草が生えないようにする方法としては、非常におすすめの方法です。

「不織布の防草シート」に「人工芝」を敷く

つづいて、不織布の防草シートの上に人工芝を敷く方法です。

こちらは、不織布の防草シートの上に砂利を敷くパターンと同様で、防草シートの劣化を防ぎながら、お庭でお子様を遊ばせることができる方法です。

砂利同様、人工芝が防草シートの劣化を防いでくれるので、雑草対策の効果としては非常に高いです。また、人工芝の耐用年数も10年以上はあるので、雑草対策として持続性があります。

人工芝の耐用年数については次の記事をご覧ください。

また、砂利とは違い景観が良く、お子様を遊ばせたり、ドッグランにしたり、寝転んだり、座ったり。人工芝の上には虫も来ないので、お庭で過ごしやすくなるのでお勧めです。

注意して頂きたいのは、人工芝を土の上に直接敷くことです。これをしてしまうと、人工芝のつなぎ目や人工芝の水抜き穴から雑草が生えてくるので、また草取りをし続けないといけなくなります。

なので、人工芝の下には、必ず不織布の防草シートを敷くようにしましょう。

人工芝に防草シートを敷く理由を詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

コンクリート

つづいての雑草が生えないようにする方法で効果が高い方法は、コンクリートにすることです。

雑草が生えてくる原因は、そこに土があるからです。少スペースでも土があると雑草は必ず生えてきます。

ということは反対に、土ではない状態にすることで、雑草を生えてこなりますよね。そこで挙げられるのが、コンクリートにする方法です。

コンクリートにすることで、当然の事ながら雑草は生えてこなくなります。

また、コンクリートにすることで、雑草対策だけではなく、自転車置き場にしたり、荷物の置き場を造ったり、子供が一輪車やキャスターボードやスケートボードの練習もすることができます。

とはいえ、コンクリートの厚みが薄いと、割れて亀裂が入って亀裂の隙間から雑草が生えてきたり、コンクリートと家の基礎の境目に隙間が出来て、そのわずかな隙間から雑草が生えてきます。

なので、コンクリートにする場合は、厚みを持たせて敷くことが大切です。詳しく厚みに関しては、地元の業者さんに聞いてみてくださいね。

固まる土

つづいての雑草が生えないようにする方法で効果が高い方法は、固まる土にすることです。

なぜ固まる土が雑草効果が高いのかというと、簡単に言うとコンクリートに似たような状態にすることができるからです。

コンクリートだと、質素で味気ないですが、固まる土はコンクリートよりも見た目が奇麗なので、お庭の景観を損なわずに済みます。

一度施工すると、比較的長期間にわたって雑草を抑制することができるので、草取りもしなくて済むか、数分で終われるお庭にすることが可能です。

とはいえ、亀裂が入ってそこから雑草が生えてきたり、薄く敷いてしまうとすぐに割れてしまいます。

また、土や泥が雨で流れてきて、固まる土の上に土が溜まってしまうと雑草が生えてきます。他にも、壁際などは雑草が生えやすいです。

固まる土にはメリットデメリットがあるので、詳しくは次の記事をご覧ください。

レンガのインターロッキングにする

建売住宅のおしゃれな外構

つぎの雑草が生えないようにする方法で効果が高い方法は、レンガなどのインタロッキングにする方法です。

インターロッキングにすることで、土の上にクラッシャーランや砂が敷かれ、その上にさらにレンガが敷詰められます。

ようするに、土の状態ではなくなるので、雑草対策の効果としては非常に高いです。

なによりも、デザイン性に優れているので、少しはオシャレにしたいと考えている人にとってはお勧めです。

反面、目地が目詰まりして排水性が悪くなることもあるので、水はけの事を考えて工事を行うことが大切です。

とはいえ、雑草対策としては効果が持続的で、庭の管理が楽になるのでお勧めです。

タイル・コンクリート平板・石貼りなどにする

最後の雑草が生えないようにする方法で効果が高い方法は、タイルやコンクリート平板・石貼りなどを行う事です。

この方法はインターロッキング同様、土の状態ではなくなるので、雑草対策としては非常に優れています。

また、お庭でバーベキューを考えている方は、タイルやコンクリート平板・石貼りなどにすることで、バーベキューコンロを安心しておくことができます。

また、花壇の周囲に敷くことで、花壇の土がこぼれた場合、箒で掃きやすく、ごみを集めやすので、とても掃除がしやすいです。

ドッグランをお考えの場合にも、人工芝だとウンチやオシッコの処理が大変なので、コンクリート平板がおすすめです。

最近では、透水性のあるコンクリート平板もあり、雨が降っても水たまりになりにくい物もあります。

ドライテックなども流行っていますが、デザイン性や値段を考えると、透水性のあるコンクリート平板にした方が良い場合もあります。

庭の雑草が生えないようにする方法で最も注意すべきことは?

ここまで、庭の雑草が生えないようにする方法で効果の低い方法と高い方法についてお伝えさせて頂きました。

なんとな~く、ご理解頂けのではないでしょうか?効果の高い方法は、どれも効果が持続的で、庭の管理が楽になります。

ですがたった1つ注意しないといけないことがあります。

それは、雑草対策の効果を上げるためには、ある事をしておく必要があります。これをしておかないと、効果の高い方法を選んでも、結局雑草が生えてきて、また草取りに追われるなんていう事がおきてきます。

そのある事と何なのかというと、、、次のページで動画で紹介しているので、気になる方はご覧ください。

まとめ

今回は、庭の雑草が生えないようにする方法『効果が低い対策と高い対策とは?』についてお伝えさせて頂きました。

雑草対策といっても、正直一生続けないといけないと思うと、気が滅入りますよね。しかも、毎週毎週休みの日をつぶして、家族サービスもろくに出来なくて、しまいには夫婦ケンカの種になってしまうとういうご家庭も多いです。

そうならないためには、効果の高い方法を選ぶ事で、草取りそのものから解放されます。しかも持続的なので、一度行えば効果は長期間続きます。

なので、草取りから解放されたいと思っておられる方は、ぜひ効果の高い方法を試してみてくださいね。

奈良県在住の方限定
にしはら造園の
毎月5名限定の雑草対策の無料相談実施中

奈良県の在住の方限定。この雑草対策の無料相談のメリットは,,,

草取りから解放されて、自分時間が奪われないお庭の作り方をご提案します

現地調査を行いお庭の問題の原因をお伝えします

3D CADを使って無料で完成予想図を絵にしてもらえる

3種類の雑草対策プランをご提案するので、予算に合わせやすい

もちろんお見積もりも無料

無料相談は毎月5名限定 見積もり無料

今月はあと2名

受付時間 年中無休 TEL:9:00~18:00 メール:24時間

※建築・不動産関係の業者様へ。 大変恐縮ですが、建築・不動産業者様からの、下請け・ご紹介等はお受けしておりませんので、他社様にご連絡頂くようお願いします。

下のTEL番号を押すと電話がつながります↓↓ Call:0743-53-8986
【折り返しのお電話は携帯電話から】おかけ致しますのでご了承ください。

奈良県在住の方限定
メールでのお問合せはこちら

メール:受付時間 年中無休 24時間

無料相談 受付・対応可能エリア
奈良県:北・中部
京都府:精華町、木津川市
その他の都道府県(大阪府など)は、無料相談の受付・対応の対象外となっていますのでご了承ください。

この無料相談はメールお電話上のみでご相談に回答するものではございません。現地調査からお見積もりまで行うものですのでご了承ください。

    ■お名前(必須)(入力例)山田太郎

    ■郵便番号(必須)(入力例)6391058

    ■都道府県 (必須) 

    ■市区郡 町名 番地(必須)
    (入力例)大和郡山市矢田町5425-2

    ■電話番号(携帯電話)(必須)
    (入力例)09012345678
    ※ご入力頂いたお電話番号に、現地調査の日程等でご連絡を致します。ご連絡の取れる電話番号をご記入下さい。

    ■メールアドレス (必須)
    (入力例)123aiueo@gmail.cpm

    ■現在他社でもお見積もりを取られていますか?(必須)

    ■ご相談内容: 今抱えているお悩み・問題 等できるだけ詳しくご記入下さい。また、折り返しのご連絡の際にご都合のよいご連絡方法・お時間等がございましたら合わせてご記載下さい。

     個人情報保護方針

    1.利用目的
    ①お客様よりお預かりした個人情報は弊社内部のみにおいて(5における例外を除きます)以下の目的で、利用させていただきます。

    (イ) お客様の依頼に基づく職務遂行のため

    (ロ) お客様と連絡を取るため

    (ハ) 弊社のサービス内容・資料をお知らせ、またはお送りするため

    (ニ) サービスを向上させる目的で事例分析・マーケティングを行うため

    ②上記以外の目的で個人情報を利用する必要があったときには、その都度、事前に同意をいただきます。同意がいただけないときは、当該個人情報は利用いたしません。

    2.個人情報収集

    依頼・相談・資料請求等のためお客様より個人情報をお預かりする場合には、目的の範囲内において必要最小限度のご提供をお願いいたしております。

    3.個人情報不開示

    ①お客様よりお預かりした個人情報は、個人情報保護法23条に定める以下の場合を除き第三者に開示いたしません。

    (イ) 法令に基づく場合

    (ロ) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合で、本人の同意を得ることが困難であるとき

    (ハ) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

    (ニ) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

    (ホ) あらかじめ本人の同意を得た場合

    4.個人情報の取扱に関するお問い合わせ受付窓口

     

    奈良県大和郡山市矢田町5425

    にしはら造園代表 西原 武

    TEL 0743-53-8986 (受付は9:00~20:00まで 休み:毎週日曜日)
    お客様窓口メールアドレス: nishiharazoen@gmail.com

     

    【必須】上記に同意して申し込む→