庭を砂利にして虫が寄り付かなくするようにする工事

SANYO DIGITAL CAMERA SANYO DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

お庭(造園)リフォーム前に、抱えられていたお悩み

≪奈良 北葛城郡 河合町 A様邸≫

今回ご紹介させていただくのは、奈良の北葛城郡河合町にお住いのA様です。奥様が抱えていたお悩みは、「家を経ててもう10年になるんやけど、雑草がひどくてね。も~だいぶ頭を抱えていたの。草引きするにも、虫がいやでいやでしかたなくて…」と言う事でした。

さらに奥様は、「以前、植木屋さんに相談しても、一向に返事をくれなくて。そんな時に、にしはら造園さんのチラシを見て、ピンときたの!」との事でした。

A様のお庭の下見に行くと…

拝見させて頂くと、雑草が青々と茂っていて、女性の力ではかなり大変だろうな~と感じました。奥様も雑草に相当頭を抱えておられたようで、僕達としてもなんとかして奥様の為に解決できたらなと感じました。お打合せを重ね、奥様に信頼して頂くと、母と奥様がいつの間にかお友達になっていて、なにやら地元の音楽会に行くというお約束までしていました(^_^.)

お庭のリフォームを終えて

施工後、「いやーー、これだけ雑草がなくなるなんて夢みたいやわ!ほんまにありがとうございました!」と、とても喜んで頂けました。僕達も、喜んで頂きとても嬉しい思い出いっぱいです。(^○^)A様と出会えて本当に感謝でいっぱいです(>_<)

今回の造園リフォーム工事のポイント

ポイント1

dokudami

地中40㎝まで根を張っているドクダミ。
根元まで掘削して、再び生えてくるのを抑えます。

A様のお宅ではドクダミが生えていました。このドクダミ。とてもやっかいなやつで、地中10~40cmまで根をはっています。こいつを防除するとなると、40cmほど土を掘削しないといけません。

大変な作業でしたが、ひとまず撤去完了。ですが、ドクダミは根っこで繁殖します。なのでどうしても根っこが残ってしまいます。アフターフォローで、経過観察をしながら、生えて来たものは除草剤などで、再び処置を施しています。

 

ポイント2  

SANY0701-300x224

土の状態だったので、雨の日にはぬかるんで足元が汚れてしまっていました。

SANY0730-300x224

コンクリートを打ち、雨降りの翌日でも、ぬかるむ事なく勝手口から出入りができるようになりました。

勝手口前にコンクリート塗って雨が降った翌日でも、ぬかるむことなく勝手口から出入りができるようにしました。

 
スポンサーリンク

ポイント3

SANY0702-300x224

狭くて危険な場所は草引きをするのも一苦労。

SANY0731-224x300

コンクリートにする事で、草引きの手間が省けます!

人が入りにくく危険な部分はなかなか、自分で草引きをするのも大変です。そこで、そういった入りにくく危険なところは、管理やメンテナンスが不要なコンクリートを敷き詰めて、 メンテナンスフリーにしました。

これで、わずらわしい事を考えずに、趣味の時間などにあてる事ができますね!(^○^)

 

【実際に頂いた、お客様の声】a_koe

スポンサーリンク
スポンサーリンク